前の記事 » 
次の記事 » 

転職で失敗しないために大事にしたい2つのこと

  公開日:2017/07/09
最終更新日:2017/11/02

四谷学院、採用担当の原田です。

あなたは今回の転職活動で何社くらいの中から会社を選ぼうとしているでしょうか?
さすがに新卒の時ほど多くの会社を回る方はいないと思うので、実際の面接は多くて5~6社くらいにしたいとお考えかもしれませんね。

そんな中、受ける会社を絞った上で、失敗という最悪の事態を避けるために、大事にしたい2つのことについてお話ししたいと思います。

大事にしたい2つのこと

結論から言いましょう。

□企業理念
□企業文化

「えっ?やっぱり、仕事内容や待遇じゃないの?」と思った方もいるかもしれませんね。

もちろん、それもとても大事です。ですが、企業理念と企業文化をチェックすれば、あなたが気になる仕事内容や待遇についても十分にチェックできるんです。

では、チェックの仕方についてご説明します。

企業理念

あなたは心から共感できますか?

どの会社も共感できないような理念なんか掲げないんじゃないの?と思われたかもしれませんね。
ですが、あなたにとっても、その理念は大事なことだなと思えるでしょうか?価値あることだなと感じられるでしょうか?

一日24時間の中で、睡眠・食事・身支度・移動など最低限必要な時間をひいた残りの活動時間を考えてみてください。その中で一番多くを占めるのが仕事時間です。

もしも、会社が掲げる理念に共感できない会社で働いてしまったら、あなたの一日はどんな一日になると思いますか?考えてみたことはありますか?
もちろんお金はもらえます。ですが、やりがいを感じるのはムリなのではないでしょうか?
楽しく感じられることは期待できなくないですか?

逆に、企業理念に心から共感し、自分でも価値あることだと思えたらどうでしょうか?

どんな仕事を担当することになったとしても、自分が価値あると思っている理念の実現のためにやっている仕事だと思えたとしたら、その仕事に取り組むことは、あなた自身にとって価値ある時間となるのではないでしょうか?

入社後の仕事を入社前に全て想像するのは不可能ですよね。だからこそ、その企業が掲げる理念を心からいいなと思えるか、ぜひチェックしてください。

企業文化

あなたはその会社で働いている自分を想像できますか?

その会社で働く人たちがどんなことを話し、どんな行動をとるかで形成されるのが企業文化です。入社後は、否が応でもその会社の文化の中で、あなた自身も大きな影響を受けることになります。あなたはその影響をプラスのものとして受け止められそうでしょうか?万一にも、自分にとってマイナスの影響になるなと感じるような面があるなら、その会社を選ぶのはやめた方が良いと思います。

面接の際には、働いている人たちがどんな会話をしているか、どんな行動をしているかにアンテナを立ててみてください。体験入社があるならとても良いと思います。

そして、人事配置をはじめ、提案に対する考え方、残業に対する考え方、休みに対する考え方も、実はこの企業文化と言えます。面接の際には、ぜひ確認してみてください。

そして、社員訪問をさせてもらいたいと申し出てみることもお勧めします。その際は、ぜひどんな企業文化なのか聞いてみてください。

ブレーンバンクの企業理念・企業文化は、採用ホームページでもお伝えしています。
ご興味を持たれた方は、ぜひホームページをチェックしてみてください。

ブレーンバンク採用ホームページ

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  転職活動の基本  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-314-428)にて承っております。

このページの先頭へ