前の記事 » 
次の記事 » 

採用面接で減点されないために、押さえておきたい最低限のマナー

  公開日:2017/07/10
最終更新日:2017/11/02

四谷学院、採用担当の原田です。

今日は、採用面接の際に気をつけておきたい最低限のマナーについてお伝えします。どれもちょっと気をつけるだけで減点されることはありませんので、ぜひチェックしてくださいね。

減点ポイント

  • 受付で名乗る時に、担当者にアイコンタクトしていない
  • 採用担当者に呼ばれた際、無表情だったりアイコンタクトなしの返事をしている
  • 待っている間、だらしない姿勢でスマホをいじっている
  • 身だしなみが会社のトーン&マナーを無視している
  • 面接後、椅子をいれずに退席する

いかがでしょうか?

どれも面接そのものの内容ではありません。したがって、この1つに該当したから絶対に不採用になるという意味ではないのですが、これらにチェックがつくというのは、あなたのマナー度は低いと自覚した方が良いと思います。
つまり、他にも自分が知らないところでマナー違反を起こしてしまう危険性があり、その結果不採用になりかねないということです。

いずれも緊張感のない姿勢といえると思います。面接に相応しい態度ができない人は、仕事をしても自分が求められていることが把握できず、ポイントがずれている可能性があるため、採用担当者はこのような最低限のマナーが守れないことを問題視します。

厳しいことを言ってしまうと、こんなくだらないことを注意しなければならないようなら先が思いやられるということです。

あなたは、そんなことにならないよう、ぜひマナーも大切にしてくださいね。

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  転職活動の基本  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-314-428)にて承っております。

このページの先頭へ