前の記事 » 
次の記事 » 

転職体験談:自分と関わった生徒が将来活躍する喜び

  公開日:2017/09/16
最終更新日:2018/09/28

こんにちは、四谷学院の武井です。
実際に中途採用でブレーンバンクで活躍されている「スタッフの声」をご紹介します。

どこか物足りなさを感じる日々

私は中途採用で、過去には大型機械プラントメーカーの技術営業の仕事を行っていた。
業務内容などに不満はなかったが、日々の激務の中でやりがいという面で何か物足りなさを感じ悶々とした毎日を送っていた。

そんな中、臨時任用講師の話をもらい2年間教鞭を執る
元々教員免許を取得しており教育業界は興味があった。
その2年間の学校生活の中で生徒の成長とともに過ごせる教育業界の仕事の面白さを知る

異業種から教育業界へ

そんなある日、新聞広告で四谷学院の個別指導教室の募集記事を見つけた。
興味を持って応募、縁あってブレーンバンクに入社する事が出来た。
入社してから初の研修は個別指導専門教室の部長と先輩スタッフに1から指導・フォローをしてもらい、入社して2ヶ月で新しく開校する個別専門教室の立ち上げメンバーとなった。
1年前には想像もつかなかったが、何もかも1からのスタート、全力で開校準備をした。

合格が終わりではない

そして開校してまもなく、はじめて説明会を担当した高卒生が入学した。
新教室のはじめての入学生である彼は教室の近所に住んでおり、浪人して法学部合格を目指したいと相談に来校した。
1年間しっかりと四谷学院で勉強し見事、早稲田大学法学部に合格したのだった。

とても嬉しかったとともに感動した事は言うまでもない。
それから数年後が経ち彼が司法試験に合格して現在、弁護士として活躍している事を知る。

また、小学生の頃に教室に通っていた生徒が数年前にプロのアーティストになってTVに出演しており驚いたとともに夢が実現した事を嬉しく思った。
ある生徒は小学校の先生を目指し見事、東京学芸大学の教育学部に合格、四谷学院の大学生講師として活躍してくれている。

合格で終わりではなく教室に通っていた生徒が将来社会に出て様々な分野で活躍している話や姿は私に力を与えてくれる。

成長を見守り見届けられる素晴らしい仕事

春の訪れを感じる季節には毎年、沢山の在籍していた生徒や保護者から嬉しい合格報告がある。
合格報告は我々担任スタッフにとってとても嬉しい事であるのはもちろんだが、生徒の成長を見守り見届けられる素晴らしい仕事であると改めて感じる時であると思う。

将来は博士になりたい、研究者になりたい、医者になりたい、学校の先生になりたいなど生徒の可能性は無限大であり、なりたい自分になれるのである。
今年の卒業生も将来色々なところで活躍してくれるのが楽しみである。

今日も授業や自習で来校した生徒がそれぞれの目標に向かって頑張っている姿をサポートし応援しつつ、将来立派に社会で活躍する人材になる事を願っている。

生徒は誰でも才能を持っており、その生徒の成長を見守るとともに我々スタッフ自身も成長しその結果社会に貢献していく。そんなやりがいがもてる会社であると思う。

ブレーンバンク株式会社についてホームページでくわしい情報を公開しています。
ぜひご覧ください。
ブレーンバンク採用ホームページ

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  転職体験談  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-314-428)にて承っております。

このページの先頭へ