前の記事 » 
次の記事 » 

面接対策!必ず聞かれる質問と回答のしかた

  公開日:2017/06/29
最終更新日:2017/11/02

四谷学院、採用担当の原田です。

採用面接で必ず聞かれるのが「あなたの長所と短所」です。
この記事では、長所と短所についての面接対策をお伝えします。

面接の準備

面接の準備としては、それぞれ10個以上考えておくことをお勧めします。
面接の場面では3点言えると良いと思います。

長所について

実は・・・どんな長所でもよいのです。
それが本当だと思えるエピソードがあるかを、私は確認するようにしています。

たとえば、四谷学院であれば「笑顔」と答える方が一定数いらっしゃいます。
お会いした瞬間に、感じのよい人だなと思っていたら、
この長所については確認OKです。

ちなみに、不自然な笑顔は気づかれてしまうので、
くれぐれも表情をつくりすぎないように注意してくださいね。

見た目では判断できないような長所であれば、
体験をお聞きします。
体験が具体的でイメージできるかどうかが判断基準です。
具体性がない場合は、入社後、再現性がない可能性が高いなと考えます。

私はなるべく無駄に緊張させることがないように、
あいづちや自分の表情に気をつけてお話をお聞きするようにしてはいますが、
面接の場面では緊張してしまって、上手く話したいことが話せない方もいらっしゃるかもしれません。
そんなことにならないように
事前に、こんなエピソードが自分の長所を象徴しているなというものを思い出し、
書き出しておきましょう。

周囲からの褒められたフィードバックについても、
「どんな時に」「どんな言葉で」褒められたのか
具体的に伝えられると説得力が増します。

短所

では、短所はどのように伝えればよいでしょうか?
こちらの方が困るかもしれませんね。

完璧な人間などいません。
聞いていて、短所とも思えないようなことを挙げられると、
逆に私はとても不安になり採用の判断を下せません。
それは、その人の最低ラインを把握できないからです。

短所を言うのは採用面接でマイナスになるとお考えであれば、
この瞬間に考え方を変えると良いと思います。
言ってもらえない方が実はマイナスになるんですから。

短所と長所は裏返し

短所は必ずマイナスかというとそうでもありません。
同時に、長所が必ず長所かというとそうでもない。
採用担当者が長所と短所を確認するのは、
実はこの言葉によって「その人の特徴を知りたいから」なのです。

あなたの特徴を把握したうえで、合うかどうかを判断してもらいたいと思いませんか?
飾らずありのままを伝えることをお勧めします。

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  教育業界の面接  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-314-428)にて承っております。

このページの先頭へ