前の記事 » 
次の記事 » 

転職で失敗しないために、絶対知っておきたい「倒産しない会社の条件とは?」

  公開日:2017/07/04
最終更新日:2017/11/02

四谷学院、採用担当の原田です。

国税庁が発表した統計情報(2010年)における会社のデータをご紹介します。

設立5年以内に倒産する会社  85%
設立10年以内に倒産する会社 93.7%
30年以上続く会社は、10,000社のうち2.5社。

 

実はこの数字、好況不況に関係なく、いつの時代もほぼ同じ数字となっています。
これを見て、あなたはどう感じましたか?

「こんなに倒産する会社が多いんだ・・・」

と思ったのではないでしょうか?
あなたが今回の転職で最後と思いながら活動していたとしても、もしも倒産する会社を選んでしまったら、必然的にまた転職活動が待っています。それは何としても避けたいですよね。

そのための唯一の方法は、倒産しない会社を選ぶということ。

今回は、その見極め方についてお話していきます。

見極めのポイント

ポイントは、企業の二面性をチェックするということです。
二面性と言っても、良い面・悪い面ではないですよ。

  • 顧客を満足させるサービス集団
  • 他社に負けない戦闘集団
  • この2面について、その企業が高い競争力を持っているかどうかということです。

顧客を満足させるサービス集団

たとえば、私たちが運営する予備校四谷学院では、顧客を満足させるサービス集団として、無料特待生制度なしに東大をはじめとする難関大学への合格者を輩出するという目標を掲げ実現しています。
教育理念である『だれでも才能をもっている』に共感するメンバーが「行ける大学ではなく、行きたい大学へ」をスローガンに進路指導をしています。

行ける大学ではなく、行きたい大学へ
四谷学院で京都大学工学部に合格したKくんは、最初S予備校に入学しようとしました。
ですが、入学時の選抜テストで京大理系コースに不合格。
どうしても京大に行きたいと相談したところ、「あなたが本気で京大に行きたいんだったら、他の予備校に行った方が良い」と言われたそうです。
次に彼が行ったのがK塾。そこでは、去年の模試の成績とセンター試験の得点を聞かれ「工学部は他にもたくさんある。志望校を変えた方がいい」と言われたそうです。
ですが、Kくんは四谷学院京都校に入学後、英語・数学・物理・化学の京大模試の偏差値を20も伸ばし、1年で京大工学部に合格したのです。

顧客の満足を実現するために、私たちは日々工夫しながら働いています。

他社に負けない戦闘集団

いくら顧客に良いサービスをしていても、赤字経営では倒産してしまいます。
利益を上げていかなければ、どんな企業も存続できません。

教育業界は少子化の波を受けて倒産したり規模を縮小する塾・予備校が相次いでいます。しかし、そんな中にあって四谷学院は校舎数を増やしつづけ、生徒を増やしつづけている予備校です。

2016年3月決算における売上高は153億円。経常利益は42.1億円。純利益は26億円です。もちろん増収増益となっています。昭和49年の創立からすでに30年以上が経過しています。先ほどのデータで言えば、10,000社の中で勝ち残っている2.5社のうちの1社です。

2点を高い水準でクリア

実は、教育業界に限らず、人口減の日本においてはどの業界にとっても逆風は続きます。そんな中で、勝ち残るための条件とは、「顧客を満足させるサービス集団」「他社に負けない戦闘集団」という2点を高い水準でクリアすることなのです。

転職先を検討する際は、ぜひ、この2つの視点でチェックしてみてくださいね。

四谷学院を運営するブレーンバンクに興味をお持ちいただいた方は、ぜひ以下をチェックしてみてください。

ブレーンバンク
採用ホームページ

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  転職活動の基本  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-314-428)にて承っております。

このページの先頭へ