前の記事 » 
次の記事 » 

食品業界から教育業界へ方向転換!エネルギーを傾けられる仕事を選びたい【就活エピソード・四谷学院社員インタビュー動画】

  公開日:2021/06/15

※この記事は約6分で読めます。

四谷学院の予備校で働く先輩社員を紹介します

「誰でも才能を持っている」をモットーとする大学受験予備校「四谷学院」で活躍する社員の生の声をご紹介します。
これを見れば四谷学院の教育が目指すものや、働いている人たちの想いが伝わってくると思います。

今回は、教育業界だけでなく、食品業界や研究職などを目指して就職活動をしていらっしゃる方にぜひ一読していただきたい内容です。
教育業界を検討している方も、そうでない方も、ぜひ就職活動の参考にしてください。

教育業界以外に検討していた業界は?

大学院で食品学を専攻していたので、食品業界の研究職を最初は中心に考えていました。

就職活動はどのような軸で行っていましたか?

就職活動を始めた頃は「大学院で専門的な勉強をしたし、研究職の道に進んだ方がいいのかな?」ぐらいの気持ちだったのですが、実際に本格的にエントリーシート提出や面接に進むにつれて、食品業界・研究職に対しての熱量に乏しい自分に気づきました。そのせいか思うように就職活動も進まずそこで改めて自分のやりたいことって何だろうか?と考えてみたのです。そのなかで大学1回生のころからアルバイトで続けていた塾講師の楽しさを再確認することができて、そこで方向転換して塾予備校業界を目指すことに決めました。

最終的にブレーンバンクを選んだ決め手は何か?

最初にこの会社をいいと思ったのは、選考過程で先輩が楽しそうに業務の内容や会社の様子について語るのを聞いたときで、この会社の雰囲気を好きになりました。
そこから選考過程は進み、ありがたいことにブレーンバンク株式会社から内定をいただいたときには他社から2つ内定をもらっており、ほかにも2つの企業で最終面接を控えている状態でした。正直、どこにしようか悩んでいました。その時に、採用担当の常務が相談に乗ってくださり、私のキャリアを一緒に考えてくださったのです。今考えると我ながらなかなか大それたことをしたなと思います(笑)でもそこでもやもやしていたものがすべて晴れて『ここには私のやりたいことがある。ここで働くなら将来こういうキャリアを歩みたい!』とビジョンを具体的に描くことができました。

入社後どんな成長があったか?

1年目にはその時の校長に担任としての心構えなど基礎となることをすべて教わりました。2年目には新規開校スタッフとして立ち上げや講師としてのキャリアのスタート、3年目以降も徐々に授業の幅を広げたり、様々なプロジェクトに参加したり、今ではチーフとしてさらに業務に邁進しています。

印象に残っているエピソードは?

やはり静岡校の開校ですね。まだひとしきりの業務を覚えただけのひよっこだった私がほかのスタッフと力を合わせて新規校舎を立ち上げて軌道に乗せた経験は何物にも代えがたいです。もちろん苦労も多々ありましたが、仲間と力を合わせた新規開校は楽しかったです。

入社してよかったことは?ブレーンバンクの良いところは?

様々なチームで仕事ができるところが私は好きです。今は天王寺校にいるので天王寺校のメンバーで相談したり目標を決めて遂行したりするのはもちろんなのですが、そのほかに校舎を縦断する様々なプロジェクトチームがあるので日本全国いろいろなエリアにいるスタッフと共に働けます。私も今までに複数のプロジェクトに参加したので、各校舎に知っているスタッフがいてそのスタッフと一緒に働いたことで新たな視点に気づかせてもらうなど多くの刺激をもらいました。しかも、これらのプロジェクトは立候補制なので希望すれば1年目からでもどんどん参加できます。ほかの会社だと同じ建物・同じフロアにいるスタッフとしか仕事をしないこともあるのかもしれませんが、この会社ではそんなことはなく自分をどんどん成長させることができます。
さらに先輩・上長との距離が近いのもいいです。困ったときにすぐ相談できるのはもちろん積極的に改善提案や新規提案ができるので、業務にやる気が出ます。提案したことにはすぐに返答が来ますし、すぐに採用してもらえることも多いです。こうやって会社全体が1つのチームとして全員でよくしていこうとするのがこの会社の特徴だと思います。

この仕事のやりがいは?

生徒・保護者・上司の方々から信頼されているなと感じたときです。入社してすぐは知識も全然足りていなくて自分自身の指導に自信がなかったのが、おそらくは相手にも伝わってしまっていたと思います。ただ、新規開校業務や講師業務にも携わりどんどん経験を積んだことで今では、生徒にも自信をもって指導に当たることができます。
例えば、模試の成績が振るわなかったから志望校をどうしようか悩んでいる生徒に『○○くんはここまでやればこれだけとれるから大丈夫!』ときちんと伝えると『二村先生がそう言ってくれるならじゃあ頑張る!』といって第一志望に見事合格したことや、子どもの成績が心配で面談に来てくださった保護者に『○○さんはこれはできているのであとは講習でこれを定着させましょう!』と伝えると『二村先生にお任せしていますので、それならばその講座をうちの子に受講させてあげてください』と言ってもらえたこと。
さらに新規プロジェクトなどに立候補したときに上司から『二村さんは先行管理や計画力が強みだからそこを推しておいたよ』と後押しをしてもらったことなど。このたびに自分の成長を感じますし次の自信につながっています。

今後挑戦したいことは?

今は受験指導や授業に加えて、プロジェクトなど多くの業務を並行して進めて様々な経験を積んでいるので、これらの経験を活かして四谷学院をよりよくするために新規教材であったり、新規授業プログラムを開発したりすることを目指しています。そのためには多くの知識と経験が必要になってくるので、これからも担任としての指導、講師としての学習指導、プロジェクトを通じた全校的な業務で自分の技術をどんどん磨いていこうと思います。また、多くの人とかかわることで刺激を得たいとも思っているので、プロジェクトに参加するだけでなく、全国のほかの校舎でも働くことも経験してみたいです。

未来の後輩にメッセージをお願いします

この会社では入社時に3つの誓いを立てます。私の誓い(目標)は①生徒に還元できるように日々勉強を欠かさない、②自己成長のために新しいことには何でも挑戦していく、③生徒・保護者・スタッフ・講師など周りにいい影響を与えるようなオーラを身につける、です。これらは入社時に私が抱き、かつ6年たった今でも変わらない私の目標です。皆さんにも『ここでこれをやりたい!』と思える何かを見つけられるような会社選びをしてほしいです。

ブレーンバンク 採用ホームページ

 

⭐こちらもあわせてご覧ください。
創業時の話をホワイトボードアニメーションで解説

 

ブレーンバンク【四谷学院】公式採用チャンネル
ほかの社員インタビューも公式の採用チャンネルから視聴できます。

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  就職体験談  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-314-428)にて承っております。

このページの先頭へ