事務職や受付のアルバイト・パートスタッフとして地元で働きたい転職希望者の方へ

関東、関西はもちろん北海道から九州まで全国にある四谷学院では、夢を叶えるために努力をしている生徒たちをサポートする事務職や受付職のアルバイト採用を随時おこなっています 関東、関西はもちろん北海道から九州まで全国にある四谷学院では、夢を叶えるために努力をしている生徒たちをサポートする事務職や受付職のアルバイト採用を随時おこなっています

現在、全国の四谷学院校舎で受付や一般事務をしてくれるアルバイト社員やパート社員の採用をおこなっています。

もし、あなたが

・受付や事務職のアルバイトを探している・教育業界でアルバイトしたい(教職免許は不要です)・どうせなら楽しく働きたい・子どもたちを応援する仕事がいい・知名度の高い会社がいい・優しい人が多く人間関係のいい会社で働きたい・将来的に正社員登用の道がある

という内容に少しでも共感できるのであれば、
当社の求人はあなたが求めていたものかもしれません。

ここから下に記載した「経営理念や教育への考え方、採用情報の詳細」をお読みいただき、あなたが求めていたアルバイト先だと感じたら、私たちと一緒に働きませんか?

当社の考えや理念に共感できるのであれば、きっとあなたにとって楽しく働いてお金ももらえるいいアルバイトになると思います。

四谷学院理事長(ブレーンバンク株式会社 代表取締役)植野からのご挨拶です。
「再生時間:35秒」
上の再生ボタンを押すと動画が始まります。
※音がでますのでご注意ください

ブレーンバンク株式会社,四谷学院理事長 植野治彦

現在、受付・事務をおこなう
アルバイトやパート社員を募集している地域や校舎

四谷校

仕事内容は全ての校舎で同じですが、勤務が可能な校舎によって、勤務の時間帯やスタート時の時給が異なります。

ワークライフバランスを大切に考えているため、ご自身の生活スタイルに合わせてフルタイムアルバイト(週5日8時間勤務)かパート(週3日以上、1日6時間以上)をお選びください。勤務が可能な曜日や時間帯は応募時にお知らせください。

北海道

■札幌

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,000 ¥1,000 ¥1,000 ¥1,000
応募可能 応募可能

宮城県

■仙台

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,000 ¥1,000 ¥1,000 ¥1,000
応募可能 募集していません

東京都

■四谷

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,200 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
応募可能 応募可能

■池袋

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,200 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
応募可能 募集していません

■自由が丘

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,200 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
応募可能 応募可能

■町田

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,150 ¥1,150 ¥1,050 ¥1,050
募集していません 募集していません

■立川

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,150 ¥1,150 ¥1,050 ¥1,050
応募可能 募集していません

■吉祥寺

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,150 ¥1,150 - -
応募可能 募集していません

■三鷹

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,000 ¥1,000 ¥1,000 ¥1,000
募集していません 募集していません

■八王子

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,000 ¥1,000 ¥1,000 ¥1,000
募集していません 募集していません

■光が丘

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,000 ¥1,000 ¥1,000 ¥1,000
募集していません 募集していません

神奈川県

■横浜

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,150 ¥1,150 ¥1,050 ¥1,050
募集していません 募集していません

■藤沢

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,100 ¥1,100 ¥1,000 ¥1,000
応募可能 応募可能

■厚木

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,050 ¥1,050 - -
募集していません 募集していません

■たまプラーザ

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,000 ¥1,000 ¥1,000 ¥1,000
募集していません 募集していません

埼玉県

■大宮

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,050 ¥1,050 ¥1,000 ¥1,000
募集していません 募集していません

■川越

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,100 ¥1,100 ¥1,000 ¥1,000
応募可能 募集していません

■南浦和

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,000 ¥1,000 ¥1,000 ¥1,000
募集していません 募集していません

千葉県

■千葉

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,100 ¥1,000 ¥1,000 ¥1,000
応募可能 応募可能

■柏

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,100 ¥1,100 ¥1,000 ¥1,000
応募可能 応募可能

■船橋

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,100 ¥1,100 ¥1,050 ¥1,050
応募可能 募集していません

静岡県

■静岡

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,000 ¥1,000 ¥1,000 ¥1,000
応募可能 募集していません

愛知県

■名古屋

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,200 ¥1,100 ¥1,000 ¥1,000
応募可能 応募可能

京都府

■京都

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,000 ¥1,000 ¥1,000 ¥1,000
応募可能 募集していません

大阪府

■梅田

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,200 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
応募可能 募集していません

■なんば

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,200 ¥1,100 ¥1,100 ¥1,100
応募可能 応募可能

兵庫県

■神戸

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,000 ¥1,000 ¥1,000 ¥1,000
応募可能 募集していません

広島県

■広島

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,000 ¥1,000 ¥1,000 ¥1,000
応募可能 募集していません

福岡県

■福岡天神

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,000 ¥1,000 ¥1,000 ¥1,000
応募可能 募集していません

■北九州

12:45〜21:45
夜シフト
8:00〜17:00(※)
朝シフト
フル パート フル パート
¥1,000 ¥1,000 ¥1,000 ¥1,000
募集していません 募集していません

※朝シフトの勤務時間帯は次の3パターンがあります。
 (1)8:00〜17:00 (2)8:30〜17:30 (3)8:45〜17:45

各校舎では選考を随時おこなっております。定員になりましたら締め切りますので今現在の最新情報はお尋ねください。

ブレーンバンク株式会社採用担当問合せ先

理事長の植野よりご挨拶

四谷学院理事長

こんにちは。大学受験の予備校を中心とした四谷学院を運営するブレーンバンク株式会社代表取締役の植野(うえの)です。

四谷学院は現役高校生や浪人生のための大学受験予備校以外にも、小学生から高校生までを対象にした個別指導塾や、中卒者に高校卒業資格を認定する高認試験対策、社会人向けの通信講座、自閉症の子供たちのための家庭でできる療育プログラムの提供と、教育分野を通じて日本の皆様に成長と自己実現を提供しております。

1974年に私が31歳の時に設立したブレーンバンクも創業40年を超え、北は北海道から南は九州の福岡まで全国25校舎になりました。

全国の四谷学院

2016年2月には静岡校が新たに開校し、その他にも展開予定の地域もあり、現在、土地や物件を調査中です。また、新サービスのプロジェクトも稼働しており、今後も教育業界において様々なサービスを提供していきます。

日本の少子化が加速する中、四谷学院は他社と違う独自の教育理念によって毎年、生徒が増え続け業績も順調に推移しています。しかし、予備校の校舎を増やしたり、通信教育で新たな講座を立ち上げるにしても、当然ながらそこには「その仕事を担当する人材」が必要であり、今後の生徒数の伸びを考えると現在の400名のスタッフ数でもまだまだ足りません。

書籍や口コミなどを通じて、四谷学院の教育システムを知る学生や保護者が増えてきているので、多くの方から「地元の●●県にも四谷学院の校舎が欲しい」というご要望もいただきますが、上記理由のように人員的に簡単に校舎を増やすことはできず、新たな社員が入社しその人たちが育たなければ、校舎を新規で作れない状況です。

今後も四谷学院として海外を含め様々な展開を考えていますが、フランチャイズ(FC)や他社を吸収合併するM & Aはおこないませんので、自社の社員を増やし、しっかりと育て続けることが命題となります。このような理由から当社はこれまでも採用に力を入れてきましたが、会社の成長速度に人員数が追いついていないため今後は更に注力していきます。

特に生徒や保護者と現場の最前線で接してくださる受付や事務をおこなうアルバイトやパート社員に関して、現在、採用を強化しています。
(※あなたがアルバイトやパートとしてではなく正社員としての採用を希望する場合はこちらをクリックして正社員一般職の募集要項をご覧ください。)

四谷学院は全国に校舎があり独自の教育システムをもつため、予備校の中では知名度があります。あなたも過去に予備校や塾に通っていたり教育業界にいるのであれば、四谷学院のことをご存じかもしれません。当学院のことをよくご存じの方はこのまま事務・受付をおこなうアルバイト・パート社員の募集要項をご覧いただければ良いのですが、知らない方のために、できる限り分かりやすく「四谷学院の教育理念や経営理念」「これまで歩んできた道」そして「共に働く社員たちとこれから歩む道」を説明させていただきます。

四谷学院は現在、25校舎を運営しています。各地の内訳はこちらです。

関東 14校(東京6校、神奈川3校、埼玉2校、千葉3校)
北海道1校(札幌)
東北 1校(仙台)
東海 2校(名古屋・静岡)
関西 4校(大阪2校、京都1校、神戸1校)
中国地方 1校(広島)
九州 2校(福岡2校)

各校舎では、大学受験予備校とマンツーマンで教える個別指導をおこなっており、小学生〜高校生、大学受験生が通っています。
詳しい話に入る前にまずは、校舎の外観や内観をご覧いただくと、どういう場所で仕事をするかイメージしやすいかもしれません。自習室や教室など、四谷学院では勉強しやすい環境を提供しています。
※どの校舎も同じ雰囲気の内観で統一されています。

実際に生徒が学んでいる(社員が働いている)各校舎の外観

北海道・東北
札幌校
札幌校
仙台校
仙台校
関東
四谷校
四谷校
池袋校
池袋校
自由が丘校
自由が丘校
吉祥寺校
吉祥寺校
町田校
町田校
立川校
立川校
横浜校
横浜校
藤沢校
藤沢校
厚木校
厚木校
大宮校
大宮校
川越校
川越校
千葉校
千葉校
柏校
柏校
船橋校
船橋校
東海
名古屋校
名古屋校
静岡校2016年2月〜
静岡校
関西・中国
梅田校
梅田校
なんば校
なんば校
京都校
京都校
神戸校
神戸校
広島校
広島校
九州
福岡天神校
福岡天神校
北九州校
北九州校

校舎の内観

■ 各校舎の受付
京都校受付 福岡校受付 柏校受付
名古屋校受付 船橋校受付 大宮校受付
■ 各校舎の教室や講義室
札幌校教室 京都校教室 福岡校教室
名古屋校教室 北九州校教室 梅田校教室
■ 各校舎の自習室
札幌校自習室 名古屋校自習室 四谷校自習室
広島校自習室 横浜校自習室 船橋校自習室
■ 生徒が利用する各校舎の休憩室(ほっとルーム)
札幌校休憩室 福岡校休憩室 名古屋校休憩室
四谷校休憩室 梅田校休憩室 神戸校休憩室
■ 各校舎で働く校長とスタッフ達
四谷校スタッフ 池袋校スタッフ 梅田校スタッフ
横浜校スタッフ 船橋校スタッフ 千葉校スタッフ

校舎によってビルの大きさや生徒数も違いますので、当然ながらそこで働くスタッフの人数も違います。

規模としては本社でもある四谷校が最も大きく、別館や本部など徒歩1分の範囲にビルが4つあります。
四谷学院の各校舎の立地に関する特徴として生徒が毎日通うため、そしてできる限り勉強時間に充ててもらうため移動時間を減らせる通いやすさという事を考えていますので、全国のどの校舎も街の中心駅から徒歩圏内にあります。当然ながら働くスタッフにとっても通勤が便利です。

募集要項

募集職種
アルバイト職(週5日、1日8時間勤務)
パート職(週3日以上、1日6時間以上の勤務)

※校舎により時給に差がありますので、ご注意ください。

雇用形態
アルバイト社員、パート社員

2週間の試用期間があります。

試用期間中も給与などは同様の待遇です。
意欲を持って仕事に取り組んでいただければ、試用期間終了後、そのままアルバイト社員・パート社員として働くことになります。

1年を@3月〜6月 A7月〜10月 B11月〜2月の3つに区分し、契約の更新について両者合意の場合は給与査定(ランクUPすれば昇給)の上、契約の更改をしています。

採用人数
各校舎の定員まで

受付の対応力アップのため募集を強化しています。

給与
スタート時給は勤務校舎やシフトによって異なります。
一覧をご確認ください。

年に3回査定を行い、担当できる業務内容がランクアップした場合は、昇給します。
Eランクからスタートし、D→C→B→A→Sの6段階のランクがあり、Sランク到達で無期限雇用をご希望の方には準社員への登用のチャンスを用意しています。

通勤費
全額支給

ただし、6か月間で9万円を上限とします。なお会社の経費を抑えるために通勤定期券は6か月分で購入する必要があります。

残業代
基本的に残業をお願いすることはありませんが、新学期の開始準備などで忙しい際は、1〜2時間程度やっていただく可能性があります。
残業の実態に応じて、残業代が時間単位の1.25倍支給されます。
賞与
1年以上フルタイムで在籍かつ査定ランクがC以上の方には年2回(夏、冬)寸志を支給します(7月・12月)
昇給
査定

年3回の査定でランクアップした際に昇給します。

人事評価
所定の査定シートによる自己評価と所属長評価

評価項目は勤務状況、勤怠態度・姿勢、サービススキル、業務スキルの4分類についてそれぞれ「遅刻・早退・欠勤の有無」「報連相が適切に行えているか」「ファンを作れるサービス精神」「申込登録ができる」などの細目があります。入社時にシートをお渡ししますので、何ができるよう期待されているのかをふまえ、できることを増やしていってください。

加入保険
労働保険、社会保険完備

アルバイト社員(フルタイム)
労災保険、雇用保険、健康保険、厚生年金保険

※週20時間未満のパート社員の場合は、適用外となります。週20時間以上のパート社員の場合は、雇用保険のみ適用となります。

定年
65歳
退職金制度
なし
福利厚生
家族学費減免制度

四谷学院には特待生制度はありませんが、社員の福利厚生として家族を四谷学院に通わせる際に、会社が受講料の一部を負担する制度があります。中身を知れば知るほど、子供は他の塾ではなく四谷学院に行かせた方が良いと考える社員のために用意した制度です。

制服
無し(スーツ着用)

生徒から見て信頼感のあるスーツをお選びください。

髪を明るく染めるのは内部規定で認められていません(カラー番号は5番or6番のみOK)。髪を明るい色(茶色など)に染めたい人は応募しないでください。

ネイルは肌なじみの良い色のみ。ストーンなど華美な印象のものはNGです。

勤務時間
■原則 夜シフト 12:45〜21:45

実動8時間+休憩1時間です。

校舎の人員や担当する生徒によって、シフトは変わってきます。

夜シフトの人員強化をしていますが、配属された校舎によって朝シフトの場合は、次の3パターンがあります。
8:00〜17:00 / 8:30〜17:30 / 8:45〜17:45

休日
<アルバイト(フルタイム社員)>
■年間休日110日
■週休2日制

日曜日ほか1日休み。予備校という性質上、土曜は固定休日ではありません。
※年間を通して日曜も自習室を開放しています。日曜は月に1〜2回出勤していただけると助かります。
また、祝日は原則通常授業のため、通常通りの出勤をお願いしています。
日曜・祝日の出勤が絶対に無理な方は、応募時にその旨をお伝えください。

■フリーバカンス休暇

7月〜12月の間に年次有給休暇を連続5日間取得し日曜などと合わせることで大型連休が可能。

■ゴールデンウィーク休暇&年末年始休暇

GWやお正月も授業があるため、校舎内でのシフトにより出勤可能性あり。出勤の場合は、別の日に振替休日が設定されます。

<パート社員>

シフトにより出勤日を決定します。

勤務地
四谷学院の校舎
仕事内容
アルバイト職・パート職として四谷学院の教育事業を運営すること

四谷学院のアルバイト・パート職としての仕事は大きく2つに分かれます。

受付業務
事務業務
です。

受付業務

さわやかな笑顔と親切丁寧な対応で、四谷学院の“顔”としてお仕事をしていただきます。具体的には、来客応対、電話応対、自習室の貸出などです。

受付業務

来客応対は、入学希望者の対応が中心です。各校舎では入学希望者への説明会を随時開催していますので、入学を検討している生徒や保護者が来訪されます。各校舎には説明会を開催できる総合職スタッフが必ず在中していますので、来訪された方の二度手間にならないよう、できる限りお待たせせずに教室や面談室の確保、説明会スタッフへの連絡などをおこないます。3月などのハイシーズンには多くの方が見学や説明会を聞きにこられますので、1回の説明会で20人ほどに説明をする場をセッティングする事もあります。来客対応時は常に四谷学院の顔として対応をしていただきます。

各校舎にかかってきた電話をとるのは受付の仕事です。上記のように入学希望で来訪される方もあれば、電話をされてくる方もいます。パンフレットなど資料が欲しいと言われる方もいますので、電話口でも笑顔で対応しています。その他、通っている生徒から欠席の連絡などもあります。個別指導の場合は、マンツーマンですから、生徒が休めば講師もその日に教えることができませんので、講師に連絡をしたりもします。

受付業務、自習室貸し出し

自習室の貸出など、通っている生徒への対応。自習室の利用申込みや赤本の貸出などで生徒が受付を訪れます。生徒の顔と名前を覚えるのが最初の仕事です。顔見知りの生徒が受付に手続きをしに来た時、対応をするのも受付のお仕事です。

その他、校舎の顔として、取引先などが来られた際も最初に入口にいる受付に話に来られますので、受付に来られた方すべての対応がお仕事です。事務業務だけではなく、外部の人と接する機会の多い受付業務があるのがブレーンバンクの事務職の特徴です。

事務業務

データ入力などパソコンでの仕事

専用システムへのデータ入力、ファイリング、校舎への掲示物、封入作業、各教室の備品管理など教室・校舎運営です。ExcelやWordの基本操作をお願いすることがありますが、未経験の仕事については先輩社員が当然指導しますのでご安心ください。

各生徒の顔写真や受講データなどを管理する四谷学院のオリジナル教育管理システムがあります。こちらのデータを担任も見ながら生徒の進捗管理をしますし、情報は社内で共有されています。しかし、そのシステムもデータを入力・更新することで初めて活用できます。その手続きをするのが事務職としての仕事の一つです。この業務は受付業務とも連動しており、例えば通っている生徒から欠席連絡が電話であった場合は、すぐにシステムにも入力し反映させます。新規入学者のデータも当然ながら新しく入力します。画面は企業秘密のためにHP上ではお見せすることはできませんが、受付の内側の机にある端末を使って、操作します。

パソコンを使っての事務仕事だけではなく、ファイリングや掲示、封入作業など事務的な仕事もあります。すべての仕事がパソコンでは無く、当然ながら紙でやりとりをする仕事もあります。ファイリングや発送業務なども事務職としての大切なお仕事です。

校舎内の管理、掲示物貼り

備品管理や教室運営の仕事もお願いします。教室には黒板やチョーク、黒板消し、椅子、机などがあります。自習室にも机や椅子などがあります。その他、休憩室などもありますし、仕事をする上で必要な各種事務用品もあります。誰も何もしなければ消耗品は減っていきいつかは無くなります。無くなってからでは遅いので、滞りなく運営できるように備品の在庫などを調べ、発注などもおこないます。何事も無く正常に運営できていることが最も管理ができている状態であり、それを担当するのがアルバイト職・パート職の仕事です。

その他、正社員のサポートや資料作成など様々な仕事があり、事務業務の全部を網羅することはできませんが、アルバイト社員・パート社員の仕事があって初めて、各校舎は運営できるので事務業務はとても重要な仕事です。


※なお、事務職や受付職だからストレスも少なくて楽そうという印象は持たないでください。予備校は決して安い受講料ではなく、最終的には結果を求められます。お子さんの教育に真剣な保護者とのやりとりもありますし、なにより生徒本人も人生がかかっているために真剣です。ですから私たちも緊張感を常にもって真剣に働く必要があります。どの会社の仕事も楽ではないと思いますが、ブレーンバンクのアルバイト職・パート職も簡単で楽な仕事ではありません。ただし、生徒との関係が深まり、笑顔で合格報告や成績アップの報告を受けたり、心からの感謝の言葉をいただくなど、やりがいはとてもありますので、そこを理解された方がご応募ください。

スキルの
学び方
先輩社員や校長による教育(OJT)

選考に合格すると、各校舎の受付に配属されます。そこで、先輩社員がブレーンバンクの受付スタッフ職としての仕事のやり方を一から教えます。スタッフを育てることで四谷学院はここまで大きくなってきました。また教育機関ですから教えることは得意です。各校舎へ配属後は、先輩社員がしっかりと教えますのでご安心ください。ただし、当然ながらあなたの年齢によっては先輩社員があなたより若いこともありますので、それが嫌な方は応募をご遠慮ください。

応募資格
■短大卒業以上
■30歳くらいまで

若年層の長期勤務によるキャリア形成を図るため(3号のイによる年齢制限の例外)

新卒採用希望の方はこちらの一般職新卒採用ページをご覧ください。

■他の予備校で正社員経験がないこと

四谷学院は他の予備校とやり方も文化もまったく違います。文化のまったく違う他の予備校での勤務経験はむしろマイナスとなります。講師出身の場合は良いですが、正社員として他の予備校の運営をしていた方は応募をご遠慮ください。

■この求人ページの内容や会社の考えに納得したかた

上記四つの条件を満たす必要があります。

選考方法
採用は以下の流れで選考をおこないます。
  1. ホームページからエントリー
  2. 校舎にて面接&事務テスト※
  3. 内定

※電話対応やデータ入力のスキルを確認します。データ入力はワードやexcelへの入力ができれば大丈夫です。

私たちブレーンバンクは、納得いただいた上で働いていただきたいので、できる限りの情報提供をおこないます。ご質問は遠慮なくお問い合わせください。

選考ポイント
当社の選考は徹底的に人物重視です。選考は、対話を通じてお互いが理解しあうプロセスです。他の誰でもない「あなたという個人」を知りたいと思います。構えず、素のままのあなたで臨んでください。

選考日時はご相談に応じます
可能な限りご都合に合わせて日程を調整します。土日祝日や夕方以降希望など、どうぞご相談ください。

選考期間の目安
選考の目安としては1週間ほどです。

勤務開始日
ご都合に合わせます
企業情報
【社名】 ブレーンバンク株式会社 【事業内容】 予備校および個別指導塾の運営、
教材の出版・販売、その他サービス
【設立】 昭和49(1974)年8月 【代表者】 植野 治彦 【資本金】 1,000万円 【売上高】 151億円(2016年3月期)
135億円(2015年3月期)
【全従業員数】 396名(非常勤講師、派遣社員除く)2015年8月現在 【男女比率】 男性30.8%、女性69.2%
(アルバイト含む)
【平均年齢】 31.9歳(男性35.9歳、女性30.5歳)
※新卒採用を本格的に始めてから、年々、
新卒入社人数が増えているので、平均年齢は横ばいです。
【本社所在地】 東京都新宿区四谷1-10 【HP】 http://www.brain-bank.co.jp/
http://www.yotsuyagakuin.com/
http://yotsuyagakuin.net/
http://yotsuyagakuin-kobetsu.com/
http://tsushin.yotsuyagakuin.net/
http://yotsuyagakuin-kounin.com/
http://yotsuyagakuin-ryoiku.com/
【組織図】 組織図のPDF
社員の
出身校
(アルバイト職・パート職のみ)
愛知大学・青山学院大学・桜美林大学・学習院大学・関西大学・関西外国語大学・関西学院大学・北九州市立大学・共立女子大学・恵泉女学園大学・神戸学院大学・神戸女学院大学・駒澤大学・西南学院大学・専修大学・大正大学・大東文化大学・千葉大学・東京学芸大学・東京経済大学・東京芸術大学・東京都立大学・同志社女子大学・東洋大学・名古屋市立大学・名古屋学芸大学・奈良女子大学・日本大学・福岡大学・法政大学・北海学園大学・北海道教育大学 函館校・北海道大学・明治大学・立教大学・早稲田大学

あなたがブレーンバンクで働くことで手に入るもの

希望した地域で働く事ができます希望した地域で働く事ができます

ブレーンバンクは、顧客となる生徒数も多く、一人一人個別対応をするために各校舎に事務手続きをするスタッフが相当数必要です。また今後展開すべき県も多いので、数年間は事務をおこなう社員の採用も強化いたします。またアルバイト職・パート職は通勤に関してできる限り希望を考慮させていただきます。希望勤務地はぜひお伝えください。

受付の仕事ができます受付の仕事ができます

「受付職」の求人募集をしている会社は多くはありません。
また、限られた社内スタッフとだけ接する事務職ではなく、ブレーンバンクは毎年新しい生徒達と接します。接客できる事務職として受付の仕事を探しているのであれば、校舎の顔として受付の業務をすることができます。ただ逆に、受付として人と接したくなく、事務手続きのみをしたいという場合は当社のアルバイト職・パート職としては働けないので、そういう方は他社をお選びください。

兄弟や親戚にも安心して勧められる教育システムのある会社で働ける兄弟や親戚にも安心して勧められる教育システムのある会社で働ける

四谷学院の教育は他とまったく違う考え方でおこなわれています。すべては、「どうすれば生徒が目的を達成できるのか?」という地点からスタートしており、必要なものを取り入れた結果、現在の教育システムになっています。
利益重視や効率重視、営業重視ではなく、生徒中心の教育手法は安心して知り合いにも勧められますし、四谷学院で働いている事に誇りを感じられるでしょう。

新たな提案を待っています新たな提案を待っています

経営陣が「新たにこういう事をしよう」と考え、それを指示しスタッフが働く。それだけでは、経営陣のアイデア以上の企画はうまれません。
会社は優秀なスタッフ達の意見やアイデアを待っています。そしてそれは正社員に限りません。現場に関わる全てのスタッフに期待することです。仕事をする中で気づいたよりよくするための提案はどんどん意見として上げてください。顧客目線のアイデアや工夫をお待ちしています。

感動体験ができます感動体験ができます

四谷学院に通ってくる生徒たちの多くは、大学受験生です。一年後には、志望校合格という感動場面に立ち会うことができます。
生徒との距離が近い予備校なので、顔見知りになり、励ましてきた生徒たちが「受かりました!」とわざわざ受付に報告に来てくれて、満面の笑顔で「ありがとうございました!」と感謝の言葉を述べてくれる合格シーズンは格別な喜びがあります。

日本にたいして社会貢献できます日本にたいして社会貢献できます

正しい教育のある国は滅びません。何倍になっても返ってくるのが教育への投資です。それを日本中に提供している会社です。
また我々の教育手法は詰め込み型の学校教育とは違います。勉強を楽しくさせ、自ら学び成長し、自己実現できる人材を育てる教育手法です。
55段階個別指導を通じて目標大学に入るだけではなく、自己実現できる若者を輩出しているのが四谷学院です。より多くの生徒が四谷学院で学ぶことでより優秀な人材が日本に誕生します。

正社員への登用の道があります正社員への登用の道があります

ブレーンバンクで仕事をしていく中で、そのやりがいを感じてずっと働きたいと思っていただいた際は、正社員として末長く一緒に働く道もご用意しています。クリアしていただく条件はありますが、仕事の幅が広がり更にやりがいを感じられる環境と待遇が用意されていますので、希望の旨を校長までお伝えください。


これは現在のブレーンバンクです。今後どんどん成長していくブレーンバンクではさらに、スタッフに多くの良い環境を提供できるでしょうし、我々はそうなるように努力をいたします。

先輩社員インタビュー

まずは自己紹介をお願いします。

はじめまして、青柳と申します。現在アルバイトとして四谷学院で働いています。

なぜ四谷学院へ?

大学生のときに英会話塾の副講師をやっていて、小学生の子供たちを相手に英語でお話するような仕事をしていたのですが、そこで子どもたちと関わっていた経験を生かせればいいなと思い、教育関係で仕事を探していました。他の予備校なども見ましたが、四谷学院だけが仕事内容に「生徒と関わる仕事」と書かれていたので、さまざまな教育の仕事の中から四谷学院を選びました。

どんなペースで働いていますか?

週5日のフルタイムで働いています。お休みは週に2日必ずもらえますよ。仕事柄土日休みではないですが、私の場合は土曜日は出勤し、日曜日はお休みということがほとんどです。

アルバイトはきちんと定時で上がることができるので、働きやすいと思います。思い返すと学生時代のアルバイトでは、閉め作業で30分くらい残業することが普通にあったので、定時にしっかり上がれることは有難いです。お給料の昇給もありますし、有給ももらえるので、働く環境はとても整っていると思います。

仕事はどんなことをしているのですか?

先輩社員の仕事風景

受付での生徒や来校者対応がメインの仕事になります。受付業務では生徒が話しかけやすい人になれるように、意識しています。例えば敬語を使いすぎないようにしたり、かしこまらないようにしたり。ただ、くだけすぎるのも良くないので、そこはうまく調整することが必要ですね。色々な生徒と話す機会が多いので、みんなが相談しやすい人になりたいと思っています。

受付業務の内容はどんなことですか?

受付業務は、日によってやることが変わります。その日その日に頼まれることがあるので、日々違う仕事をしていますよ。なので、色々なことに柔軟に対応できると良いと思います。例えば今は、高卒生のレベル診断テストの結果発表の時期なので、テキストや新しい時間割をお渡しする準備をしています。

やりがいを感じるのはどんなときですか?

アルバイトスタッフは社員のサポートをすることが多いのですが、たとえ自分は表に出なくても、自分がやった小さいことが最終的に大きな成果になるのを見るときは、やりがいを感じます。

仕事をしていて嬉しく思うのはどんなときですか?

先輩社員の仕事風景

やっぱり、生徒に名前を呼んでもらえたときは嬉しいです。私も生徒の名前を覚えてあげようと思いますね。なので、普段から生徒の名前は覚えられるように努力していて、ガイダンスのサポートなどは、名前を覚えるチャンスなので結構好きなんです。名簿に名前と学籍番号が載っているので、生徒に資料を渡すときに「学籍番号教えてくれる?はい、じゃあ○○さんだね。」と言って渡すことで名前が覚えられるので。同じように自習室の見回りも、「この子○○君だ。」って顔と名前が一致するようにしながら行っています。

ほかには、年度の最後に生徒が「講師へのメッセージ」というものを書いてくれるのですが、最近はそのメッセージをもらえるようになって、それが嬉しいですね。去年は「人と話すのは得意じゃなかったけど、青柳さんがたくさん話しかけてくれたから、楽しく話せました。」というメッセージをもらいました。1年間見てきて良かったなって思う瞬間です。

逆に、大変なことはありますか?

生徒をコントロールすることが、大変だなと思います。私は注意をするのが苦手なので。 あとは、受験についての知識がないことが、入社してすぐは辛かったです。私は一般受験をしていないので赤本を開いたことがなく、初めは明治大学と明治学院大学の違いなども知りませんでしたが、徐々に覚えていきましたよ。

青柳さんは現在夜シフトですが、実際夜のシフトというのはどうですか?

やっぱり友人など周りの人と時間が合わないので、それは少し困りますね。例えば友人は仕事の帰りに飲みに行くということができますが、私がそれをするためにはお休みを取らないといけないので(笑)。ただ、朝ゆっくりできるのでそれはすごく良いところだと思います。あとは電車に必ず座れるのも嬉しいです。

四谷学院へはどんな人が向いていると思いますか?

先輩社員の仕事風景

一言で言うと、がんがん生徒に話しかけられる人ですね。がんがんと言うと語弊があるかもしれませんが、受付の前を通る生徒を呼び止めて話すことが多いので、初対面の子にも気負いしない人が向いていると思います。受身だと難しい仕事ですが、積極的に生徒に関わることで、楽しく仕事ができると思いますよ。あとは、生徒の中には困っていても中々受付に話しかけられない子もいるので、困っていそうだと思ったときに「どうしたの?」と声をかけられる人や、気を配ってあげられる人も向いていると思います。

四谷学院の仕事は「事務だけれども接客業」なので、打ち込みなど全くの事務仕事だけがしたい人は、応募しないほうが良いのかなと思います。

人と話すことが好きな方や、縁の下の力持ちになりたい方、ぜひ応募してみてください。お待ちしています。

他の先輩社員インタビューを見る

四谷学院では、アルバイト社員として入社し、社風を気に入っていただいて無期限雇用の準社員や正社員になった先輩たちも数多くいらっしゃいます。ここでは2名の先輩をご紹介します。必ずしも準社員や正社員登用を前提とした募集ではありませんが、仕事の内容や会社の環境、一緒に働く人の雰囲気などを理解していただく上で参考になると思います。

四谷学院で働くきっかけ、理由

こんにちは、亀山と申します。現在は町田校の個別課スタッフとして勤務しています。四谷学院へ入社する前は、写真スタジオのスタッフや、クレジットカードの受付の仕事をしていました。どちらの仕事も幅広い年代の方と関わることができ、楽しい仕事でしたが、お客様とはその場でしか関わることができない仕事でした。表面上のサービスで、その場でお客様に気分良く過ごしてもらうという具合です。そんな中、もっと長い期間をかけて誰かの人生に関ることができるような仕事がしたいと思い見つけたのが、四谷学院でした。「誰かの人生に長く関わる」という軸の元でなぜ教育業界にしたのか?と思われるかもしれませんが、私は教育業界の中からと言うよりは、「誰でも才能をもっている」という企業理念がすごくいいなと思い、四谷学院を選びました。

どんな仕事をしていましたか?

入社してすぐは、自習室の貸し出しや黒板消し、テキスト組みなどのまさに事務作業という仕事が多かったですね。他にも見回りの仕事をしていたのですが、これは一番印象に残っています。受付業務は笑顔でやることができれば良いですが、見回りとなると注意しなければならなくなるので、それが難しかったです。たとえば「おしゃべりしないで自習室に行こうね。」という一言が、うまく言えず困っていました。もし生徒に「うっせーよ。」とか言われちゃったらどうしよう、なんて思ってしまっていました。(笑) みんな良い子だったので、そんなことは言われなかったんですけどね。

うまく生徒を自習室へ促すために、注意するときは否定から入らないということを徹底していました。例えば「だめじゃん、こんなところで溜まってちゃ。」というような言い方ではなく、「あれ、いつも頑張っているのに珍しいね。どうしたの?」という風に聞くようにしていました。このように聞くと、生徒も素直に話してくれることが多かったです。「実は、テストの点が悪くて。」とか「模試の結果が悪かったから、嫌になっちゃった。」という感じですかね。それに対しては「そうだったんだね。」と一度受け止めてあげてから、「でも、じゃあテストの成績を上げるためにも、自習室に行って勉強しようか。」というように話していました。

最初はこういった事務や見回りが多かったのですが、徐々に現在もやっている個別課の仕事にも携わるようになり、幅広く仕事ができるようになりました。

仕事をしていて嬉しかったことを教えて下さい。

思い出深いのは、なかなか心を開いてくれない生徒と良い関係を築くことができた時です。個別に通っていた中学3年生の男の子で、少しクールな子がいたのですが、こちらから「お疲れ様」というような挨拶をしても、何か雑談といった形で話しかけても、あまり反応をしてくれない生徒でした。あまり話しかけない方が良いかなとすら思っていたのですが、そんな生徒がある日にやにや〜としながら嬉しそうに受付に来てくれたことがありました。「どうしたの?」と聞くと「テストで100点取った!」と言ってとても嬉しそうにテストを見せてくれました。今思い出しても、本当に可愛かったです。(笑)

ずっとクールだった生徒が、心を開いてくれたことはもちろん嬉しかったのですが、頑張ってできるようになったという、成長の過程を見ることができたことが、何より嬉しかったです。

どのような時やりがいを感じますか?

先輩社員の仕事風景

難しい打診をこなすことができた時は、やりがいを感じますね。「打診」というのは、私が所属している個別課ならではの仕事ですが、生徒に対して最もふさわしいと思われる先生を、探して手配するという業務になります。

個別指導は授業日が生徒によって異なるので、まずは日程の検討から入ります。生徒の可能日程が広い場合は良いのですが、希望日が限られている場合は、先生を探すことが難しくなります。また先生に対する好みも、打診の難易度に大きく関わります。好みというのは、たとえば男女の希望や年齢の希望などですかね。

こういった希望がたくさんあると難しい打診となります。多くの場合、受け取った希望のままでは先生を手配できなくなってしまうので、問題を解決するために、生徒と話して譲歩できるところがないか一つ一つ探っていきます。たとえば日程を「今ここを第一希望であげてもらっているけど、第二希望をあげるとしたらどこかな?」というふうに調整しています。

あとは、個別課は講師の先生とのやり取りが多く、授業の進め方についてもよく相談を受けるのですが、その対応がうまくいった時もやりがいを感じます。もちろん科目については先生の方が私よりも詳しいので、アドバイスをするわけではありません。しかし、先生が一人で悩むよりも誰かと相談した方が、問題そのものが明確になると思うので、一緒に話して解決策を考えるということをしています。話をしているうちに先生自身が「あ、こういうことだったのか。」と問題が見えてきて、「じゃあ、こうしてみます。」と解決につながることが多々あります。

個別の授業は、生徒一人一人で内容や進め方などが違うので、まさにオーダーメイドの授業です。生徒にとって選択肢が広い分、こちらでは一人一人に合わせて対応する必要があり、大変なことも多いですが、その分うまくいった時の達成感はとても大きいです。

働いていて大変なことはどんなことですか?

相手の気持ちを思い図ることです。大変と言うよりは、難しいという表現の方が合っているかもしれません。生徒や保護者の方、先生など皆さんの立場からそれぞれ思うことがあり、そこの気持ちを汲み取らなければいけないことに、難しさがあります。自分の考えが絶対ではないと改めて思った出来事として、このようなことがありました。

ある入塾検討者の方に「授業を本館で行ってほしい。」と言われました。町田校では個別授業は通常別館で行っているので、「個別授業は別館で行うので、本館では実施していないんです。」とお伝えしました。そのとき私が思っていたのは、単純に「本館の方がきれいだから。」とか「通いやすいから。」などの理由で本館が良いと言っているのかな、ということでした。しかしながら、よく話を聞くと「込み入ったビルが苦手だから、広々としている本館の方が良い。」、「埃アレルギーがあるからできるだけ新しい建物の校舎が良い。」など様々な理由から、本館を希望していたことが分かりました。

この会社の良いところや他社と違うと思うところはどんなところですか?

四谷学院の良いところは、売り上げが全てではないところだと思います。たとえば以前働いていた写真スタジオでは、できるだけ多くの写真を買わせようという方針がありました。アルバムを作るとしたら「このアルバムなら、こんなフレームも欲しいですよね。」というように営業をかけなければいけなかったのですが、四谷学院ではそのようなことはありません。もちろん季節ごとに講習を勧めることはしますが、それは生徒に勉強の機会を与えるために行われており、真心がしっかり備わっていると感じます。必要以上に勧めることはありませんし、最終的な判断は生徒と保護者の方に委ねられているので、純粋に生徒のために仕事をすることができます。それがとても良いところだと思います。

この仕事ならではの大変なことや気をつけていることはありますか?

先輩社員の仕事風景

まず思い浮かぶのは、持ってきてねと言ったものを持ってこないこととかですかね。(笑)たとえば「この日に持ってきてね。」や「この日に来てね。」と言っても「忘れちゃった。」という生徒たちが少なくないので大変です (笑)

気をつけていることとしては、対応相手が生徒であることがほとんどなので、言ったではなく伝わったか、という点を意識するようにしています。個別は高校生や高卒生だけでなく、小中学生も利用しているので、一通り説明した後に理解できたか確認を取ったり、書類を書いてきてもらう場合は、予めこちらで記入できる箇所は記入したり、あとは保護者の方宛にメモを付けるなどしています。相手の理解のために先回りして対応しなければならないという点は、この仕事ならではだなと思います。

準社員になったことについて

私が準社員になったのは、入社してから半年後のことでした。町田校の校舎が新しくなる際、別館で個別業務を担う人が必要ということで、声をかけていただきました。私の中で、とても感慨深い出来事です。準社員となると契約期限がなくなり、四谷学院で長く働くことになりますが、一緒に働いている人が良い人ばかりだったので、迷うことなくやろうと思いました。職場には一人くらい尊敬できない人がいそうなものですが、四谷学院にはそのような人がいませんでした。みなさん良い人で、それぞれの先輩にこうなりたいなと憧れる部分がありました。

今でも覚えているのですが、入社してすぐの頃、始業式の準備を任されてそれを失敗してしまったことがありました。その時、私は全く責められることなく、むしろ先輩に「私の指示が悪かった。」と言われたのです。事のあらましとしては、「○○教室に準備してね。」と言われ、その教室をすっかり間違えて準備してしまったので、完全に私の過失でした。しかし、先輩は「私の指示が明確じゃなかった。」、「完了報告を受けたときに、私も一緒に目視して確認するべきだった。」と言って始業式の準備物を移動するのを手伝ってくれました。心の底から申し訳ない気持ちと「そんな風に言ってくれるの!?」という驚きの気持ちでいっぱいでした。きっと始業式前にやりたい仕事もあったはずなのに、少しも私を怒ることがなく、本当に尊敬できる人だと思いました。

準社員になって変わったこと

依頼される側から依頼する側になったことが、一番大きく変わったことだと思います。準社員になったばかりの頃は、全部自分でやればいいと思っていました。何より、自分より先輩のアルバイトさんに依頼することなんてできませんでした。特に、私でもできる作業の場合は尚更でしたね。しかし、当然ながら全て自分でやろうとすると業務が回らなくなってしまい、悩んだ時期もありました。そうした時、先輩方に「業務はどんどん投げてくれていいよ。」と言っていただき、とても有難く思いました。本当に入社してから今まで、ずっと良い人に囲まれて働いています。

一日のスケジュールを教えて下さい。

大雑把表になりますが、だいたいこのようなスケジュールで過ごしています。

12:30 出社
12:45 ミーティング
13:00〜
(生徒の登校前)
別館へ移動
個別課の書類の整理
(模試、授業振替、先生への打診など)
S講師の管理
16:00 休憩
17:00〜
(生徒が登校してくる)
生徒・先生の対応
21:15〜 生徒の授業終了
閉め作業
21:45 退社
今後の働き方(結婚・出産など)

もし今後結婚したり出産をするとしても、四谷学院で働き続けたいと思っています。特に朝帯や昼帯で働いている先輩方は、結婚や出産を経験しており、今まさに子育て真っ最中という方が多くいらっしゃいます。家庭と仕事を両立している姿には憧れます。私もそうなりたいと思っています。

一緒に働きたい人、メッセージ

仕事に対して、成長意欲がある人と一緒に働きたいなと思います。新たな仕事をどんどん行おうとする姿勢は、生徒が勉強を頑張る姿勢と通ずるものがあると思うからです。意欲的に取り組む気持ちが、スタッフと生徒との間に相乗効果をもたらしてくれると思います。

一生懸命仕事をしたいという方、ぜひ一緒にがんばりましょう!働いているスタッフは良い人ばかりですし、生徒たちはとても可愛いですよ。

自己紹介と入社の理由を聞かせてください。

はじめまして、森田と申します。私は大学を卒業後、新卒で製菓メーカーに入社しました。メーカーならば安定していて潰れないだろうし、お菓子が好きだからその営業をしてみたい、そんな気持ちで入社しました。しかし営業の仕事は想像していたよりも厳しく、なかなか仕事を楽しく思えない日々が続いていました。そんな時大学時代の友人から「お笑いでプロを目指さないか?」と誘われ、仕事を辞めてお笑いの道へ進むことを決めました。入社してわずか3ヵ月後のことなんですけどね。

実は私は学生時代に落語・お笑いサークルで会長をしており、この時誘ってくれた友人は学生時代の相方でした。

こうして仕事を辞めてからは、お笑いを志しつつ、生活費も稼がなければならないということで、派遣の仕事をしていました。期間としては半年くらいですかね。イベントスタッフや飛行機の清掃の仕事などを経験しました。しかし、どちらも体育会系な雰囲気が肌に合わず、またもや仕事を楽しく感じられないでいた時、フロムAで四谷学院のアルバイトの募集を見つけました。募集ページに載っていた仕事紹介の写真に、生徒に赤本を貸し出すスタッフの姿が写っていたのですが、それを見て自分にもできるかな、やってみたいなと思ったことが応募のきっかけです。もともと金八先生が好きで教育業界に興味があったので、余計に惹かれたのかもしれません。(笑)

子どもたちに影響を与えることのできる仕事をしてみたいと思い、家から通うことのできる池袋校と四谷校へ応募をしました。

採用面接はどうでしたか?

すぐに池袋校から連絡がきて、面接を行うことになりました。私のときの面接は、どちらかと言うと厳しく真面目な雰囲気でした。志望動機など様々なことをお話したのですが、正直に言うと落ちたと思いましたね。しかし、働き始めてから先輩に教えてもらったところ、面接を終えて私がエレベーターに乗った後すぐに、校長が「森田くん面白い子だね、うちに欲しい。」と言ってくれていたそうです。このことを聞いたときは、とても嬉しかったです。嬉しいと同時に、それを教えてくれるスタッフにも優しさを感じました。

はじめはどんな仕事をしていましたか?

先輩社員の仕事風景

アルバイトとして働きはじめてすぐは、赤本や自習室カードを貸し出ししたり、見回りや黒板消しなどをしていました。また、当時働いていた池袋校は館内放送ができなかったので、例えば夏期講習の申し込みの締め切りや、模試やガイダンスの案内などを、校舎を走り回ってアナウンスするというようなこともやっていました。(笑)

あとは、生徒への挨拶を大きな声でできるように心がけていました。登校してきた生徒へは「こんにちは」、「いってらっしゃい」と声がけし、下校する生徒へは「お疲れ様」と声がけをしていました。

池袋校には長く勤めているアルバイトさんが多くいたのですが、みなさんが「最初は言われたことをしっかりできたら、それで良いよ。」と言ってくれたことを、とても有難く感じました。これまで働いてきた会社では、そんな温かい言葉はもらったことがありませんでしたから。

仕事内容は成長しますか?

アルバイトとして働きはじめて1年ほど経つと、ただの事務作業だけではなく、責任の伴う仕事も任せてもらうようになりました。棚卸しでテキストの在庫管理をしたり、模試の仕分けやガイダンスの事前準備などを担当しました。自分のすることが校舎運営に直接関わるので、入社当初と比べてこの頃の仕事内容はかなり成長していたかなと思います。

どんな時仕事をしていて楽しいと感じますか?

先輩社員の仕事風景

もちろん、仕事内容が成長したと言っても、アルバイトなのでできることは限られるのですが、それでもやはり、自分の行った準備によって校舎の運営が潤滑に進んだときは、嬉しく思いましたね。また、自分が担任ではないのに「森田さん!」と生徒が話しに来てくれるときも仕事をしていて楽しいと思う瞬間でした。仲がいい生徒もおり、お笑いで培った話力を生かし、程よく雑談をしたりしていました。(笑) アルバイトは生徒との距離が非常に近いので、名前もほぼ全員覚えていましたよ。

やりがいはどのようなことですか?

先ほど、自分が準備をしたことによって校舎の運営が上手く進んだときは、仕事をしていて楽しく感じると言いましたが、それは私にとってやりがいを感じるときでもありました。校舎運営に直接貢献できたときや、自分の行った仕事がスタッフの役に立っていると感じるときは、本当にやりがいを感じていましたね。また、生徒へ向かって挨拶をして、それに元気よく返事を返してもらうときも、仕事へのやりがいを感じる瞬間でした。

大変なことを教えて下さい。

仕事をしていると、もちろん楽しいことだけではなく大変なこともあります。私は教育業界について全く無知の状態で入社したので、専門知識を身につけることや、専門用語を覚えることには特に苦労しました。

例えば、四谷学院では夏期講習などの講座を数えるとき、単位に「コマ」を使うのですが、最初はそのことを知らなかったので、「英語が2コマ、数学が1コマ」と言われても「コマってなんだ…?」となったりしていました。(笑)

また、四谷学院の独自の教育方法についても何も知らずに入社したので、W教育や55段階などについての知識を得るため、企業研究もしましたね。

会社の良いところはどんなことろですか?

先輩社員の仕事風景

働き始めてからずっと思っていることなのですが、働いている人が本当に良い人ばかりなところが、この会社の良いところだと思います。採用方針に「優秀でも意地悪な人は取らない」とありますが、働いているとこの方針通りなんだなと実感しますね。

例えば電話対応をするときなど、初めは分からないことだらけなのでとても緊張しますし、問い合わせに答えられないこともしばしばですが、それに対する先輩スタッフのフォローがとても手厚いです。問い合わせが来て「分からないな、どうしよう。」と思い、「すみません、誰か…。」という風に後ろを向くと、もう先輩のどなたかがスタンバイして待っていてくれるんですよ。(笑) そうして助け舟を出してもらい、無事に電話対応を乗り切ったことが多くありました。また、電話が終わると、必ず私が分からなかったことについて教えてくれました。

他にも、こんな経験があります。アルバイトを始めてすぐの頃、恥ずかしながらコピー機の使い方が分からず困ったことがありました。もちろん、単純なコピーの仕方くらいなら知っていたのですが、「60%に縮小で。」と言われてそのやり方が分からなかったのです。コピー機の前でどうしようかとおろおろしていると、ちょうど近くを通った校長が「どうしたの?何か分かんない?」と声をかけてくれました。縮小の仕方が分からないと伝えると校長が方法を教えてくれ、「ちなみにそれ誰に頼まれたの?」と聞かれました。私が頼まれた方の名前を言うと、その人に「例えばコピーを頼むなら、コピー機の使い方が分かるか分からないかまで聞いてあげてね。」と話していました。本当に一人一人に対して面倒見が良く、丁寧な会社だなと思いましたね。

あとは、研修がしっかりしているところも、この会社の良いところだと思います。講習や高校生コース、高卒生コースなど予備校ならではのシステムが多々ありますが、必ず1対1で時間をとっていただき教えてもらいました。

他の会社と違うところや、仕事で気をつけていることを教えて下さい。

先輩社員の仕事風景

製菓メーカーに勤めていたときと比べて、この会社に特徴的なのは土日休みではないことですかね。シフト制なのでもちろん希望は出せますが、必ず土日が休みになるわけではないので、ライフスタイルというか、友人と出かけるなどプライベートの予定は調整する必要があります。

あとは、仕事として対応する相手が生徒という年下の存在であることも、他社との大きな違いだと思います。生徒相手だとへりくだり過ぎたり、あまりに丁寧に対応しすぎても壁を作ってしまうので、ため口を使いながらフランクに接するようにしています。一方で、あまりにフランクに接しすぎると、それはそれで良くないので、難しいですね。先ほど、仕事をしていて大変なこととして、教育業界ならではの知識を身につけなければならないことを挙げましたが、生徒とのコミュニケーションにも大変さはあります。多感な年齢の生徒たちですので、コミュニケーションをどこまで深くしてもよいのか、難しいですね。

ブレーンバンクに向いている人はどんな人ですか?

人と話すことが好きな方は、まずこの仕事に向いていると思います。生徒はもちろん、保護者の方やスタッフ、講師の方々など、誰かとコミュニケーションを取る機会が本当に多いです。また単に機会が多いだけではなく、一つ一つのコミュニケーションが、信頼や良好な関係の構築に大きく関わってきますから、とても重要です。そのような重要なコミュニケーションを楽しんでやることができるなら、四谷学院にとても向いていると思います。

最後に、メッセージをお願いします。

先輩社員の仕事風景

教育業界に興味がある方、人と話すことが好きという方はぜひチャレンジをしてほしいです。教育業界に関して知識がなくても、どうしようと気負う必要は全くありません。研修はとてもしっかりしていますし、私がそうだったように、働く中で多くのことを覚えて成長することが必ずできます。また、月次面談などで毎月校長と話す機会もあるので、そうした中で自分のキャリアをどう積んでいくかということも、考えることができます。

あとは、対生徒という仕事柄、フランクで明るい雰囲気がありますので、働いていてとても楽しい職場ですよ。また、スタッフも温かい人が多いので居心地もとても良いです。とにかく、働いていて楽しいと思える職場ですので、迷う方はぜひ採用試験を受けてみてください。一緒に、楽しく働きましょう!

応募方法・エントリーについて

ブレーンバンク株式会社への応募方法は、以下のエントリーフォームに必要事項をご入力後、送信ボタンを押してください。

まずはお気軽に以下のフォームよりエントリーをしてください。
書類選考として勤務地や業務内容、職務経歴に関するアンケートを送信いたします。

必須お名前
[例] 四谷         太郎
フリガナ セイ メイ
[例] ヨツヤ          タロウ
必須メールアドレス
確認のため再度入力してください
メールアドレス再入力
メッセージ

※もしフォームが稼働しない場合は、こちらのエントリーフォームから入力してください。

入力情報はSSL暗号化通信により守られます。

ご不明な点はお気軽にお問い合せください。
ブレーンバンク株式会社採用担当問合せ先

ただし、あなたがこのような考えなら応募はご遠慮ください

私たちは四谷学院そして教育分野の将来を担い、一緒に働いていける仲間を探しています。
もし、あなたが以下の考えをお持ちであれば、残念ながら当社とはご縁がなかったと思って、他社を就職先としてください。

  1. とにかく自宅の近くで働きたいだけ
  2. どんな会社でもいいから、事務職として働きたいだけ
  3. 感じの良い対応が苦手

求人ページで「応募しないでください」と書くのもどうかと思いますが、仕事をしている時間というのは、1日において最も長い時間であり、最終的には人生においても最も長い時間となります。

私どもは成長できる場や、やりがいがあって楽しく働ける場を提供できているとは思っていますが、上記のお考えを持ちであれば、例え当社で働いたとしても「この会社を選んで良かった」と言えない可能性が高く、結果としてブレーンバンクで働くあなたは楽しくないかもしれません

それでは、真剣に将来のために頑張っている生徒たちにも失礼ですし、あなたのタメにもなりません。

しかし、あなたが上記3つに該当しないのであれば、ブレーンバンクはあなたを歓迎いたします。最後に以下の「よくある質問」をご覧になって、ぜひご応募ください。

また、以下の質問以外でご不明な点などありましたら、お気軽にお電話でお問い合わせください。

ブレーンバンク株式会社採用担当問合せ先

よくあるご質問

会社説明会・応募・選考について
四谷学院について

仕事内容について
勤務時間、制度、職場環境、その他について

応募・選考について

短大卒でも応募可能ですか?
応募可能です
大学院卒でも応募可能ですか?
応募可能です
専門学校卒業ですが、応募できますか?
申し訳ありませんが、応募できません。短大卒は「短期大学士」という学位がもらえます。大学受験予備校のため、学位以上をもっているスタッフが対応すべき点をご了承ください。
教員免許は必要ですか?
不要です。
選考日程に融通はききますか?
もちろんです。日程はご相談ください。土日や夕方以降などの選考も可能です。
選考の予約をしていた日が、どうしても都合が悪くなってしまったのですが・・・
事前にお電話等でご相談いただければ、別の日程をご案内します。事前に連絡をいただかない場合は、やむをえない事情でない限り選考辞退とみなします。
応募はいつまで受け付けていますか?
各校舎の定員によります。定員になればその校舎での募集は当然ながら終了します。応募をする際はお早めにお願いいたします。
選考の際の服装や持ち物を教えてください。
仕事をする際に着用しようとお考えのスーツでお越しください。持ち物はメモをお取りになるための筆記用具と念のためスケジュール帳をご持参ください。
選考の際の交通費は出ますか?
大変申し訳ありませんが、選考の際の交通費はお支払いしておりません。

四谷学院について

55段階とは何ですか?
上の方で説明していますので、そちらをご覧ください。もしくはこちらのHPをご覧ください。
四谷学院の校舎の土地やビルは買っているのですか?借りているのですか?
自社ビルと借りているビルがあります
自社ビルを増やしていく方針で、現在21のビルを所有しており、2015年3月にも新たに自由が丘に校舎用地を取得しました。2016年2月オープンの静岡校も自社所有です。
業界No1になるためにM&Aはしないのですか?
銀行などからもM&Aの話はよく言われますが、ブレーンバンクはしません。上記中途採用のQAの箇所でも書きましたが、他社とは社員のクオリティがまったく違います。企業文化を大切にしたいという意味もあります。形だけが大きくなっても意味はなく重要なのはスタッフです。ですから、M&Aはしません。
他社に四谷学院の看板とシステムを貸すFC(フランチャイズ)はしないのですか?
M&A同様に、FCの件もよく打診されますが、四谷学院はFC展開はしません。すべて直営でおこないます。こちらもM&Aと同様の考え方です。FCとは別会社が当社のシステムと看板を借りて運営し、当社は使用料としてお金をもらう仕組みです。
自社で社員を雇う必要もなく、知名度とシステムがあれば本部もFC側も儲かるようになっていますが、「生徒のため」という理念をもっているかどうか、また社員の質はどうかと言えば、私たちが採用し育てるわけではないので、質に差がでます。そのあおりを受けるのは、FCの校舎に通っている生徒です。校舎数をいたずらに増やすことや利益だけが経営目的ではないのでFCはおこないません。

仕事内容について

ノルマはありますか?例えば生徒に授業を●●コマとらせるとか。
ありませんし、ノルマは良くないとブレーンバンクでは考えています。なぜなら、ノルマという数字を達成するために、生徒中心の考えがなくなっていくからです。営業数字を追っていてはその数字に振り回されます。
これは、経営でも同じ考えで経営しています。全国に●校展開しようとかは思っていませんし、考えてはいけないと思っています。その数字を達成するために無理なことをしてはいけないのです。

勤務時間、制度、職場環境について

休憩時間はありますか?
お昼休みが1時間あります。ただし、全社員が一斉に休憩に入ると、受付に誰もいなくなってしまいますので、各校舎では順番に休憩に入ります。
残業はありますか?
基本的にはありませんが、入学申込者が多い時期には単発的にお願いすることがあります。
残業が一切できない場合は事前に校長にお申し出いただければ、お願いしないことも可能です。
会社としては残業を減らすよう努力しています。社会保険労務士の顧問もおりますので当然ながらサービス残業はありませんし、させません。
転勤はありますか?
基本的にご応募いただいた校舎での採用となり、転勤はありません。引越などの都合で他校舎の方が通勤に便利になったなど、環境の変化があった場合はご相談ください。必ずしもご希望通りの転勤ができるとは保証できませんが、検討いたします。
車通勤はできますか?
できません。社員用の駐車場はどの校舎にもありません。電車など公共交通機関か徒歩で通勤してください。
休日出勤はありますか?
頻度としては月に1日〜2日程、日曜日に出勤していただけると助かります。無理な方は面接時にその旨をお知らせください。
原則、別の日に休日を取得する振替休日を決めて出勤してもらっているため、休日の数が減ることはありません。
男女比はどの程度ですか?
男女比は3:7です。性別に関わらずチャンスが与えられるので、個人の能力を最大限に発揮して活躍しようという風土があります。
平均年齢はどの程度ですか?
平均年齢は31.9歳(男性35.9歳、女性30.5歳。※2015年8月現在)です。仕事を通して自分自身を成長させたいと考える集団です。「仕事は楽しく」をモットーに、お互いを高め合いながら、日々業務を行っています。
たばこは吸えますか?
校舎内と校舎近辺は禁煙のため、勤務中は吸えません。
たばこは、喫煙しない人にとっては、すぐに臭いに気づきますし、不快に思わせることが多いものです。また私たちが接するのは小学生〜高校生です。生徒達の事を考えれば、たばこを吸ってよい環境ではないことが分かると思います。
勤務中、我慢できないようなヘビースモーカーの方はストレスもたまるでしょうし、その状態で生徒に接するのは四谷学院として望んでいません。そういう方は当社とは合わなかったということで応募されない方がご本人のためになると思います。

私は大学時代に学業のかたわら、塾を開き、小学生や中学生に勉強を教えていました。もう少し詳しく書きますと、19歳からアルバイトではなく経営者として塾を運営する場所を借り、自分で生徒を集め自分で教え、生徒達の家庭から月謝をいただいていました。

私は小学生の頃から学校の授業に疑問を感じていたのです。少しひねくれていたのかもしれませんが、「こう教えた方がもっと面白いのに」と感じていました。また小学校などは一人の担任が全教科を教えます。得意不得意関係なくです。それは害だと感じていました。

文系出身の先生は算数や理科が不得意な先生も多いのですが、それでも全教科を教えます。考えていただくと分かりますが、自分が苦手な科目を相手に対して分かりやすく、楽しく教えることは出来ませんよね?生徒側から見ると楽しくない勉強は苦痛でしかないわけです。だから勉強が分からないのは、楽しく教えられる先生に出会えなかったという先生運がなかっただけなんです。

ですから大学時代に塾を経営した時から「誰でも才能を持っており、これまで成績が悪かったのは教えていた先生が悪かっただけ」という考えで、どうすれば勉強を楽しいと感じるのかを追求し、そのやり方で生徒達に教えていました。

その教え方は当時も評判が良く、最初は営業をしましたが、その後、生徒は口コミで集まり、学生でしたが収入はすでにサラリーマンの10倍以上は稼いでいたほど人気でした。そのときから教育への考え方は今でも変わっていません。そうです。50年以上が経過しても本当の教育方法というのは変わりませんでした。

その後、大学を卒業し就職する時に、塾は閉め、教育とはまったく違う料理人としての道を歩みました。その後も営業などを経験し、そして、また教育業界に戻ってきたのです。色々と回り道をしてきましたが、それぞれの仕事を通じて学んだ経験は今の四谷学院の経営に深く役立っています。もし、料理人になっていなかったら、今の四谷学院は無かったでしょうし、その後、英語の百科事典の営業などをしていなければ、もっと良い教材を作ろうと思うこともありませんでした。そして、大学時代に塾を経営していなければ、楽しく学べることを追求することもなかったでしょう。私の人生のすべてのパーツが組み合わさって今があります。

あなたもそうであるように、仕事(職場)とはこのように人の人生を左右します。仕事をするということは本当に楽しいことですし、新しいことをやり始めるというのは、それをできるようになるための勉強と成長が必要であり、できなかったことができるようになる成長を感じる喜びは人生において必要な栄養素です。

ここまで読んでいただき、「ブレーンバンクがあなたの求めていた職場だ」と感じていただけたら我々は大変嬉しく思います。

それでは、選考の場でお会いしましょう。

ブレーンバンク株式会社,代表取締役 四谷学院理事長 植野

応募方法へ戻る

このページの先頭へ