前の記事 » 
次の記事 » 

就活は履歴書の写真で全てが決まる!?

  公開日:2018/06/21
最終更新日:2018/05/14

こんにちは、採用担当の菊池です。

あなたは、履歴書に貼る「写真」をどうやって用意していらっしゃいますか?
この記事では、就職活動における『写真』の意義について考えていきます。

写真を軽んじている?

「就活写真は重要である」
「●●写真館で撮ると合格する」

こんな話をよく耳にしますね。

しかし、一方で、「面接のときに直接会うのだから…」という理由で、写真を軽んじている方も多いようです。

こんな写真はダメだ!

新卒の場合は、気合を入れてフォトスタジオで撮影しても、転職の場合には手元にある写真で・・・という方もいらっしゃるかもしれません。

NGの写真には、このようなものがあります。

昔に撮った写真

「新卒の就活の残り?」というような、初々しい写真。
何年も前の写真は、いくら写りがよくても履歴書に貼るのは避けましょう。
半年~3ヶ月以内の写真を使うのが一般的です。

スマホで撮った写真

スマホのカメラ機能は高性能になってはいますが、やはり素人写真です。
サイズや解像度など、フォトスタジオでの写真とはやはり「差」が出てしまうことを知っておきましょう。

無表情の写真

むすっとした表情、だらしない表情、空虚な目・・・この写真をなぜ選んだのでしょう?
「書類選考=第一次審査」ですから、やる気のあるポジティブな表情で写っている写真を選びましょう。

普段着の写真

例えば、現職がスーツ着用でないとしても、スーツ着用の業種への転職を希望しているのであれば、写真もスーツを着て取りましょう。
髪型や服装などは、志望している業界や業種にあわせる工夫が必要です。

写真はアピールのチャンス!

自分の「見た目」に対する意識の高さは、受付や営業といった業種には、欠かすことのできないポイントになってきます。

「出会い3秒」という言葉もあるように、人は一瞬で相手のことを判断しています。

受付事務職で正社員になりたい方必見!求人先から一目置かれる履歴書とは?

さらに「百聞は一見にしかず」ということわざのように、人間は視覚から大きな影響を受けます。

たかが写真1枚・・・と馬鹿にしてはいけません。

私たち四谷学院では、「春風を残す対応」を合言葉に仕事をしています。

「感じの良い対応をしたい!」
とお考えの方であれば、価値観が合っていると思います。

全国13の都道府県、27校舎で受付スタッフを募集していますので、興味のある方は、ぜひ採用ホームページをチェックしてみてくださいね。

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  転職活動の基本  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-314-428)にて承っております。

このページの先頭へ