前の記事 » 
次の記事 » 

履歴書やエントリーシートの自己PR欄には何を書けばよいの?

  公開日:2017/07/14
最終更新日:2017/11/02

四谷学院、採用担当の原田です。

採用担当者にとって、履歴書やエントリーシートはその方のことを知るためのとても大切な資料です。
実はこれらを見るだけでも、その方への期待度が全然違ってくるのです。
この記事では、差がつくエントリーシートについてお話します。

期待度のちがいがどこからくるのか?

「お!この人は期待できるな」と思わせる履歴書。いったいどこに差があると思いますか?
学歴・職歴・免許・資格ではありません。

それ以外の、自由記述欄に大きな差があるのです。

自由記述欄には、自己PRを含め、何を書いても良いので、その方の個性がでます。逆に言えば、これらを読んでも、その人のキャラクターが感じられず、その人の価値観が全く見えてこないというケースは、面接でお会いしたとしてもやはり採用に至らないのです。このことが経験上わかっているので、私の場合、書類選考を通過させることはありません。

自己PR欄に何を書くべきか?

自己PRとして、いったい何を書けば、採用担当者に響くのでしょうか?

内容そのものはどんなことでもよいのです。
「いいな」と思う方の履歴書やエントリーシートには、必ずその人らしさがわかるエピソードが具体的に書かれています。

エピソードは、ぜひあなたが一番熱心に取り組んで成果を出したことにしてください。

エピソードに必要な要素

エピソードには次の4つの要素が必要です。

  •  □なぜ、それをしようと思ったのか?
  •  □最初うまくいかなかったことは何か?

  •  □それを克服するために何をしたのか?

  •  □結果、どんな成功を手に入れたのか?

この4点をおさえた内容になっていれば、十分にその人らしさが伝わり、差別化できる自己PRになりますよ。

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  教育業界の採用試験  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-314-428)にて承っております。

このページの先頭へ