前の記事 » 
次の記事 » 

IQとEQによる教育理念、そして「働くということ」

  公開日:2018/01/11
最終更新日:2018/05/14

こんにちは、採用担当の原田です。

「IQ」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。
「あの人は、IQ200の天才だ!」
というように使いますよね。
IQ(Intelligence quotient)は、主に数学的な計算・分析・空間認知能力などを測る数値で、中央値が100です。

IQと対比して、「EQ(Emotional quotient)」という概念も近年注目されています。
EQは心の知能指数とも呼ばれ、対人スキルや感情察知など、感情をうまくコントロールすることのできる力を言います。
EQは他人に対してだけでなく、自分に対しても発揮される能力です。
たとえば、「自分は価値がある」という自尊感情は、EQの高さを示すものともいえるでしょう。

EQによる教育理念

四谷学院では、このEQを大切にする教育観を持っています。
他人との比較で自分を計るだけではなく、
「自分が成長できることを喜べる」
ということを重要視します。

「A君に負けたくないから勉強をがんばる」
「偏差値の高い大学にいきたいからがんばる」
というのではなくて、
「自分が行きたい大学に合格するためにがんばる」
さらには
「そこで勉強することで、自分のなりたい職業に付きたい、こんな人生を送りたい」
さらに先にある人生の目標のためにがんばってほしい!
四谷学院は、こういった教育観をもっています。

働くとは

EQの考え方は、教育だけでなく、「働く」ということにも共通します。

自分も成長するとともに、自分の周りである「社会」も良くしたい。
そういった職業観をもっています。

就職において大事なことは、なんでしょうか?

・知名度のある企業への就職?
・高い給料?
・安定した身分?

いいえ。
私たちは「自分が楽しいと感じること」が一番大事だと考えています。
それはつまり、自分の価値が社会に歓迎されるということです。

「いい就職先」ではなく、「自分が楽しい」と感じること。
自分に合う就職先を見つけるのが重要になってきます。

ブレーンバンクの理事長である植野が、ブレーンバンクの教育への考え方や、会社で働くということについてインタビューを受けました。
ぜひこの動画もご覧ください。

四谷学院理事長(ブレーンバンク株式会社 代表取締役)植野からのご挨拶です。
「再生時間:35秒」
上の再生ボタンを押すと動画が始まります。
※音がでますのでご注意ください

この機会に、自分が何をしたいのか、どんな人生にしたいのかを考えてみてください。

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  ブレーンバンクってどんな会社?  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-314-428)にて承っております。

このページの先頭へ