前の記事 » 
次の記事 » 

「わかる」と「できる」の違い

  公開日:2018/06/07
最終更新日:2018/05/14

こんにちは、採用担当の菊池です。

全国27校の予備校の生徒たちに対して、私たちが口酸っぱく言っていることがあります。
それは
「わかるとできるは違うよ」ということ。

まずは、わかること

「自分が何をすべきか」
「目標は何か?」
「意図していることは何か?」

これらをわかることはとても大事なことです。
「よくわからないままにしておく」というのは、絶対にいけません。

たとえば、授業でわからないところがあるならば、先生に質問をして疑問を解消する、というのは、とても大切ですね。

できるようにすること

自分が「わかった」つもりでも、実は「わかっていなかった」ということは、珍しくありません。

だから、授業で「わかったこと」は、55段階個別指導において「実際に問題を解く」という実践を重ねて、「できる」にしていこうというわけです。

わかっていることをどれだけ実行できているか?

ここで、自分のことに置き換えて考えてみましょう。

あなたは、「わかっていること」をどれだけ実際に「実行」できていますか?

たとえば、「整理整頓」。
自分の周りをきれいにしておく、ということが大事ということはわかっています。

ここで、今、自分の目の前の机周りを見てみてください。
プラス足元やバックの中も。

 ・
 ・

不要な書類はありませんか?
不要な書類あったら、即座にシュレダーするかゴミ箱に入れましょう。

全てが定位置にありますか?
置く必要のないものはしまい、定位置に戻しましょう。

ホコリや汚れはありませんか?
あれば、ふき取ってさっぱりさせましょう。

基本中の基本の「整理整頓」が実践できたら・・・

これをやれば成果を上げられると知っていることで、やっていないことはないかチェックしてみましょう。

そして、どんどんあなたの「わかる」を「できる」に変えていきましょう。

私たちブレーンバンクは、「仕事を通じて、ブレーンバンクで働く人全員に自己実現を果たしてほしい」と考えています。
ご興味を少しでも持っていただいた方には、ホームページでくわしくお伝えさせていただきます。

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  転職活動の基本  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-314-428)にて承っております。

このページの先頭へ