25年で年商が100倍以上に伸びたわけ

  公開日:2021/01/17

※この記事は約3分で読めます。

こんにちは!ブレーンバンク株式会社 人事担当の武田です。11回目の配信です。
今回のテーマは『研修』について。早速、はじめましょう!

成長の原動力は社員

会社の成長=社員の成長

理事長である植野には、いくつかの口ぐせフレーズがあるのですがその一つが「会社は人・モノ・金でできているけど、実は99%が人。社員は一番の会社の財産。モノとか金というのは、後からいくらでも調達できるけど人はそうはいかない。君たちは会社の宝なんだ、本当だよ」

だから、ブレーンバンクでは、社員育成にかなり力を入れています。今回は内定者を対象に行われる研修をご紹介したいと思います。

成長を加速する、充実した研修体制

まず、内定者全員に集まってもらう集団研修について。ブレーンバンクでは、毎年10/1に内定式を行い、ここから集団研修がスタートします。10/1.2.3の3日間連続の研修です。関東以外の内定者は、都内のホテルが準備され航空券や新幹線チケットが手配されて参加していただいています。

そのトップを切るのが理事長研修。理事長の植野自らが、内定者のために社会人としての心得を合計すると10時間にもわたって講演形式でお伝えしていきます。講演形式のあとは、必ずアウトプットの場を用意しています。自分がどう感じたのか、内定者どうしグループに分かれて意見交換をしていきます。このようなグループワークが何種類もあるので4月1日の入社式の前の段階でブレーンバンクでは内定者どうしがとても仲良くなっています。

その後、11月、12月、2月、3月にもこの3日連続の研修が実施されます。その中身は・・・

・マナー研修
・電話研修
・PC研修
・教務研修
・進路情報研修
・コーチング研修
・ロールプレイング研修など

実践研修もふんだんに取り入れられています。もちろん大学の都合などで参加できないことがあるかもしれませんね。そんな時は、研修映像を見ていただけるようになっていますのでご安心ください。

これとは別に、最寄りの校舎でアルバイトする形でOJT形式の研修をするメニューも用意されています。ちなみに、アルバイト研修は毎月給与が支給され集団研修も4月の給与として支給されます。

25年で年商が100倍以上に伸びたわけ―まとめ

ブレーンバンクは、25年間で年商が100倍も伸びた企業です。そして、その原動力になったのは間違いなく私たち社員だと理事長の植野はいつも断言します。私たち社員自身が成長することで会社の成長を実現してきたのだと。

いかがでしょうか?会社の成長が自分の成長と実感できるブレーンバンクという会社に興味はありませんか?会社セミナーでは、ブレーンバンクの成長の秘密についても感じとっていただけるようになっています。まだ参加していない方は、参加してみてくださいね。

とても長い文章ですが、読むだけでブレーンバンクのことが良く分かる採用HPをご用意しています。ぜひ読んでみてください。

次回は『立候補制度』をテーマにお送りする予定です。それでは、また!

このページの先頭へ