人は見た目が9割は本当か?

  公開日:2021/01/17

※この記事は約3分で読めます。

こんにちは!ブレーンバンク株式会社 人事担当の武田です。いよいよ10回目の配信となりました。就活の進捗状況はいかがでしょうか?今回も役立つ情報をお伝えしていきますので、ぜひチェックしてみてください。

今回のテーマは『見た目』。早速、はじめましょう!

人は見た目が9割!?

2005年に発売され、ベストセラーになった『人は見た目が9割』という本を読んだことはありますか?この本の中では、メラビアンの法則が紹介されています。

第一印象を決めるのは

55%が見た目、表情、しぐさ、視線などの視覚情報 
38%が声のトーン、話す速さ、声の大きさなどの聴覚情報 
残りの7%が言葉そのものの意味、話す内容などの言語情報

というものです。

この本では、視覚情報と聴覚情報をまとめて9割と言っているのですが「出会い3秒」という言葉もあるように、人は案外一瞬で相手のことを判断しています。一瞬で判断できるものは、その人の中身のわけがなくまさに見た目ですよね。ですが、この一瞬の判断をバカにしてはいけないというのが今日お伝えしたいことです。

「古い脳」は一瞬で判断する

人間には古い脳と新しい脳があります。昔々、まだ人間が自然界の様々な脅威にさらされていていつ何に襲われるかわからないという時代は、瞬時に敵か味方かを判断しなければならない状況にありました。そこでその判断をしていたのが古い脳です。時代は変わり、そのような緊張の中に生きる必要がなくなってくると新しい脳を使ってじっくり考えるようになります。

普段私たちはこの新しい脳、前頭葉を使ってものごとを検討したり判断したりしているんですね。でも、同時に古い脳というもの持ち合わせていて好き嫌いとか敵味方といった判断を一瞬のうちにしています。

一瞬の判断をクリアするための基準

予備校四谷学院には、たくさんの生徒・保護者の方たちがやってきます。入学説明会や手続きの際には、当然この一瞬の判断で評価が下されていきます。私たちはこのことを自覚し、この一瞬の判断で四谷学院のことを好きになっていただけるよう自分たちの見た目に気をつけています。

たとえば、

髪の毛の色はヘアカラーをするにしても6番までの色のトーンに抑える
派手な色やストーンネイルはしない
スーツを着用する
手入れの行き届いた靴を履く
常に清潔感を保つ
表情を管理し不機嫌な表情をしない
明るい声のトーンで話す

などです。

そして、この見た目についてはそれぞれの会社で「これをよしとする」という基準があります。もしもその会社の基準とずれた見た目をしたいのであれば絶対にその会社を選ばない方が良いと思います。どんな見た目が期待されているのかは、そこで働いている人を見るとわかりますから会社訪問の際は、ぜひチェックしてみてください。そして、ブレーンバンクの見た目基準をチェックするためにもぜひブレーンバンク採用HPもチェックしてみてくださいね。

次回は『研修』をテーマにお送りする予定です。それでは、また!

このページの先頭へ