四谷学院(ブレーンバンク)では講師・正社員・パートアルバイト採用を実施中。

四谷学院(予備校・塾・教育業界)の求人募集案内に興味がある方は是非ご覧下さい。勤務地:東京/神奈川/千葉/埼玉/静岡/名古屋/大阪/京都/神戸/広島/仙台/札幌/福岡

トップページ > 採用情報 > 正社員 > 社員のご紹介 > 塾講師・事務・社員の採用・求人募集(東京都新宿区)|白木 久博(校舎展開プロジェクト)

白木 久博(校舎展開プロジェクト)

自分自身の得意分野で勝負する。
「最後まであきらめない気質」が私の武器になりました。

この3 年間で7 つの予備校校舎・4 つの個別指導教室の開校に携わってきました。進出地域の選定を行うマーケティングから、校舎候補の物件探し・契約まで一貫して担当しています。

どこに校舎を展開するか?
これは人口の集積度・就学者人口、学校の分布・同業他社の状況など様々な角度から検討する必要があります。
故ピーター・ドラッガーはかつて「マーケティングの究極の目標は、セリング(売り込み)を不要にすることだ」と提言していました。最適な立地に校舎を展開することが、この言葉を裏づけることになると考えています。

一日中PC の前でデータの分析をする日もありますが、基本は「外」です。調査地域が定まったら、ひたすら「歩く」のみ。書斎派にとってはきつい業務かもしれません。
しかし、現地のミスタードーナツが高校生で溢れかえっている・または閑散としているという情報は、実際に歩かないと知り得ないものです。

人の流れがデータを裏づけているかをチェックする作業はもちろん重要ですが、何よりも候補物件を探さなければなりません。
それこそ靴底がすり切れるくらい歩かないと、貴重な情報は拾えないものです。
これはと思うビルに飛び込んで、いきなりオーナーを捕まえて交渉に入る、ということもよくあります。
立地の良い場所は取り合いなので、市場に出る前から押さえる必要があるのです。

たとえばあなたがセブンイレブンの店舗開発担当だったら、ローソンやampm より目立たない場所に出店するわけには行きませんよね?
同じことです。

「自由が丘」に進出するときが一番大変でした。
歩いても歩いても候補物件が見つからない。
わらの中の針を探すようなもので、業者の情報も枯渇し万事休す、という状況でした。
あの時期あれほど自由が丘を歩き回った人間は私以外にいなかったんじゃないでしょうか?

私が躍起になって物件を探していることは自由が丘の業者間では既に有名になっていました。
そんなとき、期待もせずある地元の不動産業者を訪れました。

すると「今朝オーナーから相談を受けた」と市場に出ていない極秘情報を教えてくれたのです。すばらしい物件でした。
ようやく校舎が運営できる目処が立ち、達成感もひとしおでした。一緒に喜んでくれた同僚、上司の顔も忘れられません。

しかし物件を見つけただけでは、まだ仕事は終わりではありません。次はネゴシエイターとしてオーナーと条件交渉に入ります。
不利な契約にならないよう、契約内容もとことん詰めます。
たいていのオーナーは大規模な看板掲出に難色を示すものですが、これも交渉ごとです。かつてオーナーを追いかけて山の中にまで交渉に出かけ、「こんなところまで来られては…」と看板掲出の了承を取り付けたこともありました。

その他内装の手配や広告展開まで手がけることもありますが、この業務はまさに「ゼロから校舎を作り上げる」という感覚があります。
休みの日でも、自分が関わった校舎の近くに来るとつい様子が気になります。

空きビルだった場所に今は煌々と電飾看板が灯り、窓からは黒板の前で教師が教鞭を取る姿が見えます。そして生徒達が笑いながら校舎を出入りしている…。
「歩き続けた甲斐があった」と思える瞬間です。

「こんなこととても出来ない」「自分はブレーンバンクでは勤まらない」という印象を皆さんに与えていないか心配になってきました。実は私自身かつては「絶対に営業的な業務や交渉ごとには向いていない」「知らない人と話すのも苦痛」と思っていました。
いまでも素は基本的に無愛想・無口です。

たまたまかつての職場で営業の現場に放り込まれ、業務に当たっているうちに「営業に適性というものは存在しない」と思うようになりました。なぜなら営業という職種では、あなたが口下手だとしても、たとえば「誠実さ」など別な美点を武器にすることができるのです。

私はといえば、「最後まであきらめない気質」が武器になったのでしょうか。「真剣だ・あきらめないぞ」というメッセージは、言葉が少なくても態度で相手に伝わってきたのだと思います。自分の武器を意識してからは、それを生かせる会社を探しました。

ブレーンバンクには個々人の得意分野を最大限に活かせる環境・懐の深さがあります。あなたはあなた自身の得意分野で勝負すればよいのです。

私がブレーンバンクを選んだのも、若い人たちが責任ある業務をどんどんこなしている姿を見たからです。ここなら自分の営業力が活かせる・全て任せてもらえると思い、実際その通りだったのです。

あなたにも、得意分野は必ずあります。自分では気づいていなくとも、ブレーンバンクでそれを探していけば良いのです。
そして少し、手伝ってください…。

PAGE TOP