四谷学院(ブレーンバンク)では講師・正社員・パートアルバイト採用を実施中。

四谷学院(予備校・塾・教育業界)の求人募集案内に興味がある方は是非ご覧下さい。勤務地:東京/神奈川/千葉/埼玉/静岡/名古屋/大阪/京都/神戸/広島/仙台/札幌/福岡

トップページ > 採用情報 > 正社員 > 社員のご紹介 > 塾講師・事務・社員の採用・求人募集(東京都新宿区)|小川 さやか(校舎責任者)

小川 さやか(校舎責任者)

「人を育てる」ことは、想像以上に奥が深い。

お互いの存在に感謝し、心を尽くせば必ず大きな感動が生まれてきます。

学生時代は4年間ファーストフード店でアルバイトしていた。

” 接客“という仕事が好きだったから卒業後も人と接するような仕事がしたかった。

でも、「いらっしゃいませ」から「ありがとうございました」までの短い関係では物足りない。もっと長期的なコミュニケーションの中で”記憶に残るような仕事“を探していた。

具体的に「何の仕事がしたいのか」ということまでは決まっていなかったものの、とにかく手当たり次第にエントリーした。

メーカー・販売・教育…と、さまざまな業界を回った。

そんな折、ブレーンバンクの求人広告と出会うのだが、それまでにも教育業界は数社受けていた。

そこでは社員が単なる「事務員」でしかなかったので、最初はあまり期待していなかった。

ところが、説明会に参加してみると、そんな業界イメージとは全く違う職場環境に強く惹かれた。四谷学院のスタッフは生徒のために自ら考え、行動し、現場から校舎の運営を変えていくことが求められている。単なる「事務員」ではない。

しかもみんな本当に仕事が楽しそうで、覇気のある社員ばかりだった。

女性が活躍しているということもすぐにわかった。

「自分もこういう環境で働きたい」

私は仕事を” 腰掛け“ではなくずっと続けていきたいと思っていたから、楽しく、生き生きと働ける会社でなければダメだと考えていた。

ブレーンバンクはまさにそんな私にピッタリの会社だったのだ。

そして入社後、すぐに担任として生徒の指導に携わった。

これは想像以上に奥の深い仕事だった。

それもそのはず。何と言っても生徒にとってはまさに人生の分岐点。真剣に考えているからこそ悩みも多い。「やる気がでない」と面談室で泣き出してしまう生徒もいた。

何とかして生徒の将来のために頑張ろうとするものの、気持ちばかりが空回りしてしまうこともあった。

それでも生徒が私を頼ってきてくれる時は本当に嬉しかった。

勉強の計画、模試の点数、将来の夢…

色んな相談に乗った。

「私は嫌われてもいいから、君たちに受かって欲しい。」とあえて厳しく指導した生徒もいた。

当初は反発もあり、なかなかうまくコミュニケーションが取れなかったが、私の誕生日をどこからか聞きつけてクラッカーを鳴らしてお祝いしてくれた。

このような経験はまさに当初私が思い描いていた「記憶に残るような仕事」そのものだった。

そんな充実した日々が数年続いた後、突然、校舎責任者を任されることになった。

以前から「いつかは自分が先頭に立って校舎を運営していきたい」と思ってはいた。しかしこれは責任の重い仕事だ。

「本当に自分にできるだろうか…」

そんな戸惑いもあった。

でも自分の力次第でより良いサービスを提供できるのだと考えると、これほどやりがいのある仕事は他にない。

私は前に進む決意をした。

「より良い校舎を作る」これが私のテーマだ。それはつまり生徒や保護者の満足度を高めるということに他ならない。

そしてそのためには何より生徒をサポートするスタッフをレベルアップさせなければならない。

どんなに優秀なスタッフでも最初から仕事ができるわけではないのだ。一人ひとりの仕事の質を高めない限り、良い現場をつくることはできない。「現場のスタッフをどれだけ成長させられるか」私の取り組みが始まった。

まず自校舎のスタッフにとにかく報告・連絡・相談を徹底するよう呼びかけ、直接話をする機会をたくさん設けた。人を変えるためには、自分から行動しなければならない。それぞれのスタッフが抱えている仕事やそれに関する問題点を把握するためだ。

すると、さまざまな改善点が見えてくる。

●保護者の方からの問い合わせに上手く対応できていない

●新人のスタッフに的確な指示ができていない

●モチベーションが下がっている生徒に対するケアはどうなってる?

一つひとつの仕事についてどうすべきだったのかを教える。ときには厳しく叱責することもあった。

逆にこちらが依頼したこと以上の仕事をしてくれる場合には素直に感謝し褒めた。

スタッフも生徒と同じように血の通った人間だ。日ごろからお互いの存在を尊重し、感謝する気持ちを大切にした。

すると、スタッフ同士の間で強い信頼関係が生まれ、どんどん風通しの良い校舎になってきた。そのことで徐々にスタッフ同士が自由な意見を交換できるようになっていく…。良い循環が生まれていた。

そして3月…。

校舎責任者として最初の年の生徒を送り出す頃、ある生徒が最後の挨拶に来てくれた。その生徒は高校時代に周りから” 不良“と呼ばれていたような子で、四谷学院に来るまで勉強する習慣なんてまるでなかった生徒だったが、1年間本当に一所懸命勉強して、見事第一志望校に合格していた。

「改まってどうしたの?」と聞くと、恥ずかしそうにこう切り出した。

「いやぁ…どうしても最後にこの校舎のスタッフにお礼が言いたかったんですよ。俺は本当に勉強できなかったし、勉強嫌いだったし…もし四谷学院じゃなかったら絶対ダメだったと思うし…本当にここのスタッフの人たちが支えてくれたおかげなんです。それだけはどうしても伝えたくて…」

あまりに嬉しい言葉だった。

「より良い校舎を作りたい」

そう思って今まで頑張ってきた。

その全てがその言葉で報われたような気がした。

満足げな表情で帰っていくその生徒の後ろ姿を見送りながら、私はあふれ出そうな涙を懸命にこらえていた。

ところが、そのとき隣にいたスタッフからさらに思いもよらない言葉をかけられた。

「私も小川さんの元で働けて本当に良かったです。こんなに良い校舎を一緒に作ることができて…自分自身も本当に成長できました。今まで言う機会がなかったんですけど、本当に、心から感謝してます。」

私はそれ以上、自分の涙をせき止めることができなかった。

 

※現在は総務担当として活躍されています。

PAGE TOP