四谷学院(ブレーンバンク)では講師・正社員・パートアルバイト採用を実施中。

四谷学院(予備校・塾・教育業界)の求人募集案内に興味がある方は是非ご覧下さい。勤務地:東京/神奈川/千葉/埼玉/静岡/名古屋/大阪/京都/神戸/広島/仙台/札幌/福岡

トップページ > 採用情報 > 正社員 > 社員のご紹介 > 塾講師・事務・社員の採用・求人募集(東京都新宿区)|出口 小知絵(体験記編集)

出口 小知絵(体験記編集)

使命感に燃えて仕事ができるのは、現場主義だから。
人間とは、自分のためよりも人のための方がパワーを発揮できると実感。

私の学生時代のアルバイトは家庭教師でした。

就職活動で塾や予備校を志望していたのはその経験からです。

ところが、色々な塾の講師採用試験を受けていく中で、集団の授業で講師をすることは自分に向いていないと感じるようになりました。家庭教師の仕事は一人ひとりに合わせた対応を工夫でき、合格の喜びを近い距離で分かち合えることが魅力だったのですが、集団授業の講師というのは” 集団“を相手にする以上、それとは全く別の仕事だということがわかったのです。

「生徒の成長を間近で感じられる仕事がしたい」
思いを新たにしていたころ、ブレーンバンクとの出会いがありました。選考の過程において、四谷学院のパンフレットを見せてもらう機会があったのですが、そこに書いてある生徒の体験記を読んでみると、本当に先生と生徒の距離が近い予備校だということに驚きました。中でも、生徒たちにとって「担任の先生」の存在が精神的な支えとなっているようでした。他の予備校ではなかなか聞かない話です。

「四谷学院の担任なら私が思い描いていたような仕事ができる」
しかもそこからさらに自分を磨き、発展させていくことができる。そう思い入社を決意しました。「生徒の成長を助けるだけでなく、自分自身も成長したい」という思いがあったからです。

そして入社後、2年間は千葉校で当初の希望業務である担任を受け持ちました。担任は一人ひとりの状況を把握し、性格を考えて対応をするという繊細さが要求される業務です。時には反発する生徒を説得したり、やる気がなくなっている生徒に喝を入れたりしなくてはなりません。注意するのは気持ちの良いことではありませんが、それが必要な生徒もいます。指導が上手くいかずに落ち込むこともありましたが、そんな生徒達が志望校に合格して、笑顔で報告してくれることが何よりのご褒美となりました。

「最初は担任なんていらない、面談なんてめんどくさいって思っていたけど、受験が近づいて精神的につらくなった時に先生がいてくれて本当に心強かった。何度も話を聞いてくれてありがとうございました。」
生徒からそんな言葉をもらったときは本当に幸せな気分になりました。

そんな日々がしばらく続いた後、3年目に転機が訪れます。
「文章を書くのが好きだ」と言っていたら、体験記編集の仕事が回ってきたのです。生徒の書いた合格体験記の回収・編集を行い、キャッチをつけるという作業です。私は喜び勇んでこの仕事に取り掛かりました。
しかし、そこには予想外の壁がありました。編集以前の問題として、まず生徒から体験記を「回収」しなければならないのですが、この回収作業がいかに大変であるかを、身をもって知ったのです。

体験記を提出していない生徒に実際に打診してみると「パンフレットに載るのははずかしい」、そう言われてしまうのです。「他にもたくさん掲載されるんだからはずかしくなんかないよー」「何とかお願いできないかなぁ?」などとありきたりな言葉しか言えず困り果てました。しかしある日、そんな私を見かねた先輩がアドバイスしてくれました。

「その生徒の体験した” 頑張り“や” 成功体験“は絶対に次に受験を迎える生徒達を励まし、元気づけることができるでしょう?後輩は先輩が体験した困難とそれを克服していく過程を知って、『僕も頑張れるかもしれない』という希望を与えられるんだよ。」
それを聞いて、ハッとしました。自分の担任としての経験を思い出したのです。

私はいつも、不安な気持ちになっている生徒に合格体験記を見せて、「こういう先輩の例があるんだから○○さんも大丈夫だよ!」と元気づけていたのです。体験記を回収することの意義に改めて気づいた私は何かがふっ切れた気分でした。

丁度そのころ、ある校舎から「パンフレットへの掲載を渋っている生徒がいる」という連絡がありました。
その生徒は四谷学院を気に入って毎日通学し、センター試験の得点を200点もアップさせ、1年で東北大の医学部に合格した生徒でした。体験記は書いてくれたのですが、パンフレットへの掲載にはNGだったのです。
合格まで師弟同行でやってきた担任ですら、彼を説得できないというかなり絶望的な状況でした。しかし、何としてでも来年の生徒に読んで励みにしてほしい、そう思いました。

「本人と直接話をさせて欲しい。」
私はその生徒に電話をかけ、なぜその体験記が必要なのか、懸命に説明しました。私が動かなければ、そして本人を説得できなければ、たくさんの生徒に希望を与えることができなくなってしまう。もう、必死でした。
「未来の四谷学院生のために、どうしても君の体験記が欲しい!」
そんな思いを生徒指導のエピソードと共にストレートに伝えました。すると、なんと彼はパンフレットへの掲載をOKしてくれたのです!

ところが、いざ彼の体験記を読んでみると、何かが物足りませんでした。
「こんなに頑張った生徒なら、もっと良い面を引き出せるはず…」そう思いました。「折角掲載になるなら、ベストなものにしてあげたい。」
即行動に移しました。これは本当に期限との戦いでした。既に他の生徒の体験記はレイアウトまで終わってでき上がっている。入稿期限まで残り3日もない。本人は忙しく、なかなか連絡がつきません。「今からの差し換えは間に合わないのでは?」周りのスタッフにはそう思われていたかもしれません。でも実際には誰からもそんなことは言われませんでした。皆でき上がったパンフレットが最高のものであってほしいという思いは同じだからです。

そして、入稿日当日。その生徒から何とか追加の体験談を聴くことができました。「格段に良くなった」と自分でも思いました。そして締切ギリギリ、ほんの数時間前に滑り込みで入稿できたのです。

後にその生徒の担任からも先輩からも「あの追加がなかった時と全然違うね!」という言葉をいただき、本当に行動に出て良かったと思いました。
「次に入学してくる、まだ見ぬ生徒たちのために、何とかしなければ」という使命感があったからこそ、成し得たことなのではないかと思います。人間、自分のためよりも人のための方がパワーを発揮できるものなのかもしれません。

来年、私が編集した体験記を励みに、新たな体験記を生み出してくれる生徒が現れることを期待しています。

PAGE TOP