四谷学院(ブレーンバンク)では講師・正社員・パートアルバイト採用を実施中。

四谷学院(予備校・塾・教育業界)の求人募集案内に興味がある方は是非ご覧下さい。勤務地:東京/神奈川/千葉/埼玉/静岡/名古屋/大阪/京都/神戸/広島/仙台/札幌/福岡

トップページ > 採用情報 > 正社員 > 仕事内容 > 塾講師・事務・社員の採用・求人募集(東京都新宿区)|高校訪問

高校訪問

高校訪問

各地域の高校を訪問し、進路指導のガイダンスやパンフレットの配布等を行い、高校生に四谷学院をアピールしていただきます。
主幹業務である予備校部門のメインターゲットは高校生ですが、その高校との関係を強化し現場の生の声を収集する、四谷学院にとって重要な位置を占めるお仕事です。

 

高校訪問

<社員インタビュー>高校訪問担当:津村政和さん

—-どんな仕事ですか?この仕事は“四谷学院”というブランドを世間一般に浸透させていくことを目的とした広報活動の一環です。高等学校という“教育現場”からの信頼を獲得し、より多くの生徒に「四谷学院で学びたい」と思ってもらうために、様々な取り組みを行っています。例えば近年では進路ガイダンスを代行させていただくことが増えていますが、大学入試がますます多様化している中、日々の業務で忙しい高校の先生に代わり、生徒に進路情報を提供したり、勉強法や面接試験の対策などを指導したりしています。

—-この仕事のやりがいはどんなことですか?今の時代は単に「進路情報を得る」というだけなら、インターネットを開けばいくらでも出てきますから、ガイダンスを行なうにしても、従来の予備校のように画一的に進路情報を提供するだけでは意味がありません。

一方、四谷学院では「生徒一人ひとりの志望や状況に合わせた指導こそが必要である」という理念のもと、どこの予備校にも負けない「生徒が主役の進学指導」を行なっています。例えば、「それぞれの学部学科の研究内容」「大学の選び方」など、他の予備校にはない、独自のテーマでのガイダンスがありました。

そして、そのようなノウハウを全面に押し出したガイダンスを次々に企画し、高校の先生に提案していったところ、この数年間でかつての10倍以上もの進路ガイダンスの依頼が殺到しています。しかも1度ガイダンスを行った学校のほとんどはリピーターになってくださっており、1年前から予約を入れてくれる先生もいます。「どうしても四谷学院にお願いしたい」と言っていただけると本当に励みになります。

ただ、今の状況で“満足”というわけにはいきません。なぜなら、大学入試そのものが多様化する現代においては常に新しいニーズが生まれているので、それをいち早く察知し、これから先も他社に先んじて新しいサービスを提案し続けていく必要があるのです。
しかし、ブレーンバンクでは現場が自ら考え、行動することが求められているので、「これだ!」と思ったことを実現できるチャンスは全員に与えられています。その意味では、これから先この業務に携わることになる方の新しいアイデアに期待するところも大きいといえます。

高校訪問

高校訪問

PAGE TOP